新米主婦の奮闘日記
起業をめざした新米主婦が日々の奮闘を綴る。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
出産体験記 その6(12/5 PM4:00~5:20)
前<<< 出産体験記その5
<<< 出産体験記 もくじ


 午後4:00  子宮口はやっと10cm開いた。
       痛みが弱くなる数秒間に分娩室へ移動する。

       (そんなことできるのか?立てるの??)

       フラフラでなんとか歩く。
       早くしないとまた痛みが来ると思い、
       気持ちは焦るが体はついていかない。

       分娩台にやっと乗ったところでまたすごい痛みが!
       腰が痛い!お腹もおしりも痛い!なんだこれは!

       分娩台になんとかおさまると、
       足に袋状の白い紙のようなものを履かされた。
       (もうどうにでもして!)

       いきみたいのがすごい来る。
       今度はどんどんいきんでいいけど、とにかく痛い。
       腰が開く。キシキシした。
       腰が痛いので自分で触ってしまう。
       すると看護師さんに「触らないで!」と言われた。
       消毒してあるらしい。
       (だって~、痛い~・・。)
       すると2人の看護学生さんが左右から応援に。
       一人が腰を押してくれた。
       楽~♪

 午後4:02  メール受信 from旦那さん
       (高速 工事で進まない 今○○ 下道で行く 
      9時には着く あきこ頑張れ)
       
       メールなど気付くはずもなく・・。
       何度もいきみたい感と痛みが襲ってくる。

       息を止めていきむ。
       「目を開けて!!」と看護師さん。
       (え~~っ!)
       頑張って目を開ける。
       息を吸ってもう一度いきむ。
       吸うのがうまくできない。
       赤ちゃんが苦しくなるから
       しっかり吸うように言われる。

       最初はうまくいかなかったが、
       マタニティスイミングでのトレーニングを思い出す。
 
       思いっきり吸って~・・いきむ。
       目を開けていきんだ。
       また思いっきり吸っていきんだ。
       だんだんうまくできるようになる。2回、3回、4回。
      
       足を台に乗せていられず・・思わずカエル足。
       看護師さん達 「やわらかいね~」「上手~」

       看護師さん 「痛みが引いたら力抜いて~」
       手ががっちりと手すりを力いっぱい握ってた。
       頑張って力を抜く。

       (いつになったら終わるの?もうどれくらい出た?)
  
       汗を看護学生さんが拭いてくれた。

       いきみと痛みが続く・・
       腰が痛すぎる。

       早く解放されたい一心で言われた通りに
       「いきんで・・吸う」のを繰り返す。

       何回いきんだだろう。
       またいきむと「チョキッ」
       (え”?チョキッ?う”・・)
       樋口先生 「まだいきめる?」
       必死に首を横に振る。
       (ダメ~!切られた!まだ切る気~?)
       でも先生は知らぬ顔でチョキッとまた切った!
       (痛い・・)

       いきみの痛さに比べたら痛くはない。確かに。
       だから、いきんだときを見計らって切ったらしい。
       でも痛いよぅ(涙)
       普通だったらもっともっと痛いんだろう。
       (先生~痛いよぅ)
       思わず「いたいぃ」と力の抜けた声が出た。
       正気に一瞬戻った気がした。

       またいきんだ。
       何か途中まで出てる感がある。
       頭?
       どれくらい出た?
     
       またいきんだ。
       看護師さん達 「上手~♪」
       吸っていきむ。

       看護師さん 「もういきまないよ~」
       (ん?)
       看護師さん 「ハッハッハッハ ハッハッハッハ」
        「ハッハッハッハ・・・」
 
       頭が出たみたい。
       体が出る。
       切ったところに何かが触って痛い。
       へその緒か??

 午後4:57  粋のいい魚が出てくる感じ。
       手足をバタバタさせているらしい。
       切ったところを蹴られた?痛いぞ。
       看護師さん達 「かわい~♪」「目が大きいね」
             「お母さんにそっくり~」「男の子だよ~」
       (うん うん)
       声が出ない。

       大きな声で泣いているみたいだけど、
       私はホッとし過ぎてよくわからなかった。

       「パチッ」
       写真を撮ってくれた。
       母が持っていた使い捨てカメラを
       看護師さんが持ってきてくれて写したらしい。
       血だらけの赤ちゃん。

       看護師さんが私に「産まれたよ~」と。
        「ほんと?すごい。良かった。」

       なんだか胸がいっぱい。
       泣きそうだけど、うれしくて、ホッとして、泣けない。
       不思議な気持ちだった。

       紫っぽい赤ちゃんが見えた。

       両手に薄くて柔らかい紙を乗せられた。
       そしてそこへ、へその緒がついたまま
       血だらけの赤ちゃんを受け取った。

        「すごい~」

       赤ちゃんはへその緒を切られて体重を量る。

       分娩台に寝ながら思わず赤ちゃんを目で追う。
       (ホントに産まれたんだ。すごい。)

       ムニムニ動いてる♪
       産まれた~~!

       胎盤を出す。
       へその緒が引っ張られてお腹を押される。
       少し痛い。
       (出た?)

       へその緒の一部が桐の箱に入れられたものを
      看護師さんが持ってきた。
       看護師さん 「赤ちゃんのへその緒です。
             おへそに付いているのがとれたら
            それをとっておいてもいいけど
             無くなっちゃうかもしれないから
            一部をとっておきます。
             後から箱の裏にいろいろ記入するところが
            あるから、母子手帳見ながら
             書いてくださいね。」

 午後5:20  これから切ったところを縫うらしい。
        ひえ~~。

前<<< 出産体験記その5
<<< 出産体験記 もくじ
       
人気blogランキング←ポチッとお願いしま~す
スポンサーサイト
出産体験記 その5(12/5 PM2:00~4:00)
前<<< 出産体験記その4
つづき>>> 出産体験記その6
<<< 出産体験記 もくじ


 午後2:00  子宮口はもう7~8cm開いた。
       早すぎない??まだまだだと思ってたのに・・。
       母が担当の看護師さん(宮崎さん)に聞いた。 
       「いつごろ産まれそうですか?」
       宮崎さん 「うまくいけば、う~ん、
             夕方くらいでしょうね。」
       太郎さん(旦那さん仮名)間に合って~!と
       心の中で叫ぶ・・。

       手がしびれてきたので、そばにいた
       研修中の学生看護師さんに言ってみたが、
       よくわからないようで笑顔だった・・。

       もうじっと座っていられないくらい痛い。
       
       いきみたい感じがたまに出始めた。
  
       「ヒッフーウン」で逃がそうとするが、
       うまくできずにどうしてもいきんでしまう。

       肛門の辺りを学生さんに押してもらう。

       宮崎さんが来たので、手がしびれることを言う。
       過呼吸だったらしく、ビニール袋を口にあてられ呼吸。

       両親もかわるがわるさすったり
       肛門をおしたりしてくれるが
       あまりきかない・・。

       看護師さんを呼ぶ。
       
       宮崎さん 「どうしました?」
        「痛い」
       宮崎さん 「ヒッフーウンですよ~。」
       ・・・・・・・・
       宮崎さん 「我慢できない痛みがきたら
             呼んでくださいね。」

       我慢できないですぐに呼ぶ。
       ・・・・・・・・
       宮崎さん 「いきみたい感じが続くようになったら
              呼んでくださいね。」

       すぐ呼ぶ・・。
       もういきみたいやら痛いやら。

       破水でビタビタのショーツを
       前開きショーツに交換される。
       それがきつい感じがして痛みも増す。
       赤ちゃんの心音を聞く機械もつけていたので
       それも邪魔・・。

       痛みがおさまっても痛い。
       ず~っと痛くて合間にすごい痛みがくる感じ。
       一心不乱にヒッフーウン。
       いきんだら赤ちゃんが苦しいから
       頑張らなきゃと思いつつ、
       どうしようもなくなる・・。
 
       不安が襲う。
       本当に産めるの?いつまで苦しいの?
       これからどうなるの?もっと痛くなるの?

       いや自分で産むんだ!!と開眼。

       朝、私より早く隣のベッドにいた人は
       昼くらいに帰され、今は他の人がいたが、
       その人は私よりも少し後の出産工程にいるようだ。
       頑張って~!

       帰されてしまった人はかなり痛そうだったのに、
       子宮口が1指開いたところから進まなくて、
       前駆陣痛だと判断されたために帰された。
       破水もしていなかったそうだ。
       痛いのに帰るなんて・・・。

       ところで私は・・。
       いきんでしまって便も出てた・・。たぶん。
       なぜならちょっと臭ったから。
       いきむ度に少しずつ少しずつ。
       最後はかなり出ていたかも。
       「あら~」と思ったけど、どうしようもない。
       出ちゃったものはしょうがない。

       その肛門を押していた母は「血が出ている」
       と宮崎さんに言ったが便も出ていたに違いない。

       看護師さんたちは当然のように私の下着を交換し、
       (さっきの破水でビタビタのやつに・・)
       着ていたお産用のピンクの浴衣みたいなのを交換し、
       おしりを丹念にきれいにしてくれた。
       着替えるのに腰を上げたり、右向いたり、左向いたり。
       痛いのに~!
       しょうがないから頑張った。
       看護師さんありがとう。

       私はのたうち回り、ベッドの縁をぐっとつかむ。
       過呼吸改善用のビニール袋が
       汗でひっついてうっとーしい。
       私が転げまわって袋がすぐはずれるので
       酸素マスクに変更された。
       酸素を吸うがまたまたマスクのゴムがうっとーしい。

 午後4:00  汗がだらだら。
       もうどうしたらいいの?!!!
       ヒッフーウン!!!

                   つづく・・

前<<< 出産体験記その4
つづき>>> 出産体験記その6
<<< 出産体験記 もくじ

人気blogランキング←ポチッとお願いしま~す
出産体験記 その4(12/5 AM10:00~PM2:00)
前<<< 出産体験記その3
つづき>>> 出産体験記その5
<<< 出産体験記 もくじ


午前10:00 両親が再び来た。
      母は仕事を休んだみたい。
      2人とも白衣を着ていて、変な感じ。
      母は薬局の人って感じで、父は研究員みたい。

       「太郎さん(主人;仮名)に連絡した?」
       「メールしたけど届いてないかも。」
       「連絡しようか?」
       「して。」

       「携帯がつながらない。」
       「雨戸閉まってて圏外になってるかも。
         家にかけてみて。もしかしたら会社かも。」
       「家に電話しても出なかったら、
         留守電にいれておく。」

       「電話でたよ。」
       「会社休んだのか。」
       「すぐ来るって。」

      主人はネットで破水した場合について調べて、
      やばいと思って会社を休んだらしい。
      出張の予定が入ってたけど、
      それも延期してもらったみたい。

       「孫が産まれるってどんな感じ?」
       「そーだな。家族が増えるのってうれしいな。」
       「そっか。」

      担当の看護師さん(宮崎さん)が来て、
      機械を見てくれた。
      宮崎さん 「順調に陣痛きてます。
            旦那さんに連絡しますか?」
       「もうしてもらいました。」

      学生さん 「ベッドのリクライニングを使いましょうか。」
      動かしてみるけど動かない。
      父もやってみるが動かず。
      宮崎さんを呼んでみる。
      宮崎さん 「主電源入ってないかな。」
      電源入れてもだめ。
      業者の人を呼ぶ。

      業者 「これは病室と違うタイプ?」と何度も聞く。
      どこが悪いかわからないらしい。プロじゃないの?
      宮崎さんも困っている。
      業者 「持って帰らないとだめかもしれない。
          持って帰ってもいいですか?」
      宮崎さん 「代わりがあるか確かめてみてからですね。」
      代わりは無かったらしい。
      業者 「終わったら持って帰ってもいいですか?」
      いつ終わるかなんてわかんないのに・・・。
      とりあえず一旦ベッドを持って行った。
      お腹は少し痛い。
      痛みを和らげるのに使う
      木馬のようなものに座って待つ。

      結局直らなかったみたいで、そのまま返ってきた。
      (リクライニングなんて使わなくても良さそうだし、
      まいっか。
      全く、使えない業者だな~。
      お産のこともなんにもわかってないし、タバコくさいし。
      こっちは痛いのに~!)

午後12:00 昼食。
      陣痛の合間の数分ごとに食べた。
      完食。

      もう子宮口が5cmくらい開いているそうだ。
      陣痛をヒッヒッフーでこらえる。
      再び機械をつけた。

午後12:36 太郎さんからメールが来ていたが、
      このときは読めなかった。
     (高速 渋滞してる どんな感じ?)

      痛くなると両親や学生さんが代わる代わる
      腰をさすったり、
      指圧したりしてくれる。
      でも、やっぱり学生さんのほうが上手。
      今のところまだ、こうしてほしいとか
      言う余裕もあるので、
      両親にはあれこれ注文。
      もっと下、強く、弱くなど。

      痛みの合間に眠気がある。
      宮崎さんに言うと、
      「強い痛みをやわらげるために体がそうするんですよ。
      寝られたら寝てもいいですよ。」と言われた。
      でも1、2分じゃ寝られないよ~。

      お腹が減る~。
      チョコとか食べたい。みかんを食べた。

午後1:55  かばんからブルブル ブルブルという音がした。電話だ。
      母に携帯をとってもらった。
      太郎さんから電話。
      太郎さん 「どう?」
       「うぅ・・・。」
      太郎さん 「大丈夫?」
       「・・・。」
      太郎さん 「がんばって。」
       「うん・・。」

      太郎さんは高速が集中工事だったため、
      渋滞にはまって動けずにいた。

      間に合うの??

                   つづく・・

前<<< 出産体験記その3
つづき>>> 出産体験記その5
<<< 出産体験記 もくじ

人気blogランキング←ポチッとお願いしま~す
出産体験記 その3(12/5 AM7:40~10:00)
前<<< 出産体験記その2
つづき>>> 出産体験記その4
<<< 出産体験記 もくじ

午前7:40 朝ご飯。
     先生が来た。
     私が朝ご飯をモリモリ食べていたので少し驚いていた。
     樋口先生 「促進剤を使いたくないということ、
           看護師から聞きました。」
          「陣痛がついてこれば問題ないけど、
           もしこなかったら
           促進剤を使うかもしれません。」
          「元気そうね。それじゃあまた来ます。」

     朝ご飯完食。
     あれ??そういえばパンがきた・・・。
     ご飯って言ったのに、まあいっか。

     隣の人はすごく痛そう・・。唸ってる。
     私より先に分娩待機室に来ていたみたい。
     私はまだそんなに痛くないけど、
     いずれ隣の人のようになるんだ・・。
     
     担当の看護師さんが来た。
     担当の看護師 「今日担当します、宮崎です。」
     宮崎さん 「学生が研修に来ているので、
           良かったらお産から入院中まで、
           一緒に立ち合わせてもらえませんか?」
      「はい、いいですよ。」

     その学生さんは将来助産師さんになるのかな。
     最近は助産師や小児科の医者になる人が減っているらしい。
     きつい仕事なのだ。
     朝も夜も関係なく赤ちゃんは産まれてくるし、
     もし何かあった場合、一生保障しなければならない。
     私の出産が役に立つのなら是非協力しようと思った。
     後で「助産師になるの?」と聞いたら、
     「看護師になります。」との答え・・。
     看護師さんも立派な仕事だから頑張ってほしいな。

     宮崎さん 「樋口先生の診察は8:30ごろになります。」
          「また機械つけましょうね。」
          「このタグに名前を書いてください。
           お母さんとベビーちゃんにつけます。
          「ベビーちゃんの名前は決まってますか?」
      「まだです。」
     宮崎さん 「じゃあ苗字だけ書いてください。
           名前はベビーと書いておきましょう。」

     機械をつけて横になった。
     主人に今の状況をメールしてみた。
     返事が無い。届いてなさそうだなあ。

     定期的に痛みが来るようになった。
     しかもさっきより痛い。
     もしかして今日産まれるんじゃ・・。
     太郎さん(主人;仮名)間に合う??
     急に不安になってしまった。
     宮崎さんにいつごろ産まれそうか聞いてみよう。

      「主人が神奈川から車で来るんだけど
          間に合いますか?」
       「もう家を出る様に言った方がいいですか?」
     宮崎さん 「う~ん。機械の結果を見てから決めましょう。」

午前8:30 けっこう痛い。

午前9:00 太郎さんにもう来てもらった方が絶対いいと思って、
     機械の結果を待たずにメール。
     (早く来て~。)

     定期的に痛みが襲って来る。

                   つづく・・

前<<< 出産体験記その2
つづき>>> 出産体験記その4
<<< 出産体験記 もくじ

人気blogランキング←ポチッとお願いしま~す
出産体験記 その2(12/5 AM6:30~7:30)
前<<< 出産体験記その1
つづき>>> 出産体験記その3
<<< 出産体験記 もくじ

午前6:30  病院に到着。
      母は荷物を運び、父は駐車場に車を止めにいった。
      救急受付の前で看護師さんを待つ。
      すぐに看護師さんが来た。
      看護師さんが荷物を持ってくれ、産科病棟に向かう。
      母が救急受付の人に、もう一人来るのでと
      父の案内をお願いした。
      産科病棟に行くまでに、陣痛はあるか、
      予定日はいつか聞かれた。
      
      全く痛みがないのですぐには産まれないよな。
      明日くらいに産まれるかな。

      分娩待機室・分娩室の前のソファに座って待つ。
      子供を連れたお父さんも座っていた。
      2人目かな。
      子供を連れたお父さんは部屋に入って行った。
      破水の水が漏れて出そう。。。

      しばらくすると看護師さんが来た。
      看護師さん 「処置室で診察しますね。」
      処置室の診察台へ。
      看護師さん 「すごい水だね。診察するまでもなく
             完全に破水してますね。」
            「子宮口は1指くらい開いてます。」
      まだ本格的に陣痛がくるのかどうかわからないが、
      破水しているので入院決定。
      看護師さん 「機械つけましょう。時間がかかるので
             親御さんに一度帰ってもらったほうが
             いいかな。」

      一旦外へ。
       「一度帰ったほうがいいって。」
      看護師さん 「時間がかかるので、一度戻られて朝ご飯
             食べてからまたいらしてくださったほうが
             いいです。」
       「何時くらいに来たらいいですか?」
      看護師さん 「そうですね。診察は8:30からなので
             9時くらいでしょうか。」
       「じゃああとでね。」
      看護師さん 「朝ご飯はパンかご飯か
             どちらがいいですか?」
       「うーん。じゃあご飯で。」
      父と母は帰った。

      看護師さんと再び処置室へ。
      お腹のはりと赤ちゃんの心音を診る機械をつけた。
      お腹に聴診器みたいなのを2つつけて、
      ベルトでまいて固定した。

       「促進剤は使わないで、自然分娩がいいんですけど。。
         前に先生にも言ってありますが。」
      看護師さん 「破水すると陣痛がくることが多いけど、
             万一なかなか陣痛につながらないときは
             感染症が怖いので、促進剤を使わざるを
             得なくなる場合もあります。
             でも大丈夫だとは思いますよ。
             一応また先生には言っておきますね。」

午前7:00  少し弱い痛みが定期的にくるようになった。
      主人(以下太郎・・仮名) に今の状況をメールした。

午前7:30  看護師さんは機械を見て、
           「弱いけど定期的にはってきてますね。」
      分娩待機室に荷物を持って移動。
      看護師さん 「じゃあこれに着替えて
             待っていてくださいね。」
      ピンクの浴衣のようなものに着替えた。

                     つづく・・

前<<< 出産体験記その1
つづき>>> 出産体験記その3
<<< 出産体験記 もくじ

人気blogランキング←ポチッとお願いしま~す
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。