新米主婦の奮闘日記
起業をめざした新米主婦が日々の奮闘を綴る。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シフト♪ 続き・・
前<<< シフト♪

続き・・

脳のMRIを受けることになった。
看護師さんに付き添われて移動。
なぜか涙が出てきてしまう。

そんな弱い私を見て、
看護師さんは「大丈夫だから」と優しく言ってくれた。
看護師さんのとっても温かい眼差しにますます泣けてきた。
「お子さんが心配だろうけど、まずお母さんが笑顔でいないとね。
おっぱいがあげられなくても赤ちゃんはミルクで大きくなれる。
でもお母さんは一人しかいないんだから。」

看護師さんの言葉にハッとした。
ずっと私は
「自分はどうなってもいいから子供におっぱいをあげたい!」
そう思ってた。
でも子供はおっぱいじゃなくても大きくなれる。悲しいけど。
もし私の目が治らず、片目が失明なんてことになったら、
それこそ子供の世話もできなくなるかもしれない。。。
子育て経験者の言うことには説得力があるなあ。
すごく勇気付けられた。
感謝の気持ちでいっぱいになった。

MRI室に到着。
かなり号泣していたのでしばらく待ってもらった。。。

初めてのMRI。
ちょっと怖いかも。
なんだかグルグル巻きにされて窮屈だし、
頭も固定され、せま~い筒の中に入れられた。
脳と目を撮るので目玉を動かさないように言われた。
そんなこと言われても・・・。
気持ち悪くなったら押すようにとボタンを渡されていた。
う~ん、気持ち悪くな・り・そう・・。

約20分で終了~!
はあ~・・・。。
好んで受けるものではないかも。
自分の脳がどんなもんか興味はあるけど。

結果。
脳に異常はなかった。
確かに視神経に損傷はあるらしい。
とりあえず一安心。

異常は無かったもののなかなか快復傾向が見られない・・。
点滴をもう一度することになり、入院ものびた。ああ。
主人ももう会社を休めないため、
7ヶ月の息子は一時保育に預けることになった。
大丈夫かしら。。。

心配事ばかりで病室の天井ばかり見ながら考えたり泣いたり。
出産後、こんなに一人になる時間は無かったし、
こんなに夜眠れることも無かったなあ。
ちょっと気持ちが落ち着く瞬間もときどきあったが、
そのときには「久しぶりに眠れて良かったのかな」とも思えた。

そんな夜、
「なんで今までもっと自分を大事にしてこなかったんだろう?」
「なんでもっと精一杯生きてこなかったんだろう?」
「なんでもっとやりたいこと、
好きなことをとことんやらなかったのか。」
「果たして今まで自分で決めて
自分で責任をとる生き方をしてきただろうか。」
「なんで友達や家族や他人に
もっと笑顔で接することができなかったのか。」
「なんでもっと自分の境遇や全てに感謝してこなかったのか。」
「他にもたくさんのお母さん達が私なんかより
もっともっと辛い思いをしているんじゃないかしら。」
「健康でいることは当たり前なんかじゃない。」
「今を精一杯楽しんで生きなければ生きている意味なんてない。」
「死ぬまで精一杯生きたい!私にできることってなんだろう?」

そんなことばかりぐるぐると考えていた。

自分のために、好きなことをやって、楽しんで生きることが
今まではなんだか申し訳ないような悪いことのような気がしていた。
でもそうじゃないことに気づいた。
自分のために生きることは
自分をよく知れることだし、他人も知れる。
責任も自分にあり、勝手なことをしていたら必ず返ってくる。
だから、自分のためは人のためだと思う。
人のためばかり考えていると自分が無くなってしまうから。

もし明日死ぬとわかったら、
みんな自分のやりたいこと好きなことをして過ごすだろう。
自分の足で自分の人生を歩きたいと思うだろう。
そのためには他人に感謝して過ごすだろう。
好きなことをやるために何か障害があったとしても
その障害も愛おしくなるだろう。
喜んでその傷害に立ち向かおうとするだろう。
きっとそんな自分が大好きになるし、
何も怖いものなんてないから、恥をかくこともうれしい。

誰だっていつ死ぬかわからない。
死なないにしても病気になるかもしれないし、
事故にあうかもしれない。
だったら思う存分自分のために生きた方が良いし、
それがみんなのためでもあると思う。
今頃気づいた。

誰もがなんだってできる。
もしできなくても立ち向かった経験は素晴らしいし、
できないことがわかったんだから成功だと思う。

「とにかく自分でなんでもやってみたい!」と決心した。

きっと今病気になったことは
私にこのことを気づかせるための
神様のいたずらなのかなって思う。
人生に無駄なんてない。人生楽しいことばかりだ。

自信がなかった。
でももともと自信のある人なんていない。

もう何も怖がらず、自分を信じて、みんなを信じて、
思いっきり楽しんで生きていこう!

いちごつづきは産後体験記の方へ↓
>>> 産後体験記
または>>> 目が痛い・・・
スポンサーサイト
シフト♪
長男が7ヶ月のときに視神経炎になった。
長男はもう3歳になる。
視神経炎になる前の私と今の私は全く違う人間だと思う。
その病気が変えてくれたのだ。

病気になったとき私は子育てに追われ、
ストレスと寝不足で疲れきっていた。
相談できる人もいなくて、
一人で抱え込んで毎日暮らしていたように思う。
これではいけない、何かしなくちゃ、変わらなくちゃとも思っていた。
でも何もできなくてとにかくモヤモヤしていた。

それに目が痛いし、顔もひざも肩もいたるところが痛い。
ただの育児疲れだと思っていた。
そのうち頭の痛みが移動するようになり、
髪を触るだけでビリっとした痛みが走る。
なんだかおかしいなとも思ったがそのままにしていた。

ある日、目がかすむような気がして片目ずつ隠して見てみた。
そうしたら左目の下半分が白くなって見えない。
なんだ??なんだ?
と思っている間に左目全体が真っ白になって、そのうち灰色に。

急遽、近所の眼科へ行った。
視神経炎です。
は??
ここでは治せませんので大きな病院へ
できるだけ早く行ってくださいとのこと。
治療ですぐに治ることが多いですし
あまり心配しないでくださいとも言っていた。
私はよく分からず、あまり危機感を持っていなかったが
なるべくすぐに行った方がいいと言われ、すぐに大きな病院へ。

とにかく目が痛い。目玉を動かすだけでも痛い。
早く診て欲しいが、大きい病院はやっぱり待たされる・・・。
しかも予約してないしさらに待たされる・・。
でもどうにも痛くて、眼科の受付で
「緊急です。早く診てほしい。」と伝えてみた。

そうしたらすぐに診てくれることになった。
深刻らしい。
すぐに入院してください。と。
は??!!
その日子供は主人に預けて来た。
入院と聞いて、7ヶ月の子と離れるなんて初めてでとにかく動揺した。
自分のことより子供はどうしたら?とすぐに思った。
授乳はどうしたらいいの??一緒に入院できないの??

家にいる主人に電話した。
3,4日で退院できるかも。と医者は言っていたので
とりあえず1週間、会社を休んでくれることになった。

そして病室へ。
主人と子供も来てくれた。

治療のため、ステロイドを点滴する。
点滴すると母乳はもう飲ませることができない。
最後の母乳をあげた。
なんだか泣けてきた。
このままもう飲ませることができないの??
このままこの子と離れるなんて・・・。

面会時間も終わり、病室に一人。
大部屋なので6人いるが、すごく孤独になった。

飲ませられず、張ってくるおっぱいを搾る。
哺乳瓶にいっぱいだ。
それを流しに捨てる。
もったいなくて悲しくて全部飲んでやろうかとも思った。
捨てるのを躊躇した。
体の一部を捨てるみたいですごくむなしい。痛いよ。
こんな気持ち、誰もわかってくれないだろう。
流しの前のベッドにいるおばあちゃんがそれを見て
「はあ・・・ああ、もったいない!!」と。
なんだかうれしかった。

私は自分のベッドに戻り、泣いた。
最初の1日はとにかくず~っと泣いていた。
なんでこんなことに??なんで?と。
目は果たして見えるようになるのか?
もう片方も見えなくなったらどうしよう。

1回目の点滴は効かなかった。
脳のMRIもとることになった。
入院が延びる。

主人がいろいろと視神経炎について調べてくれた。
突発性かどうかでだいぶ違ってくるらしい。
突発性なら脳には異常はなく、再発は無いらしい。
脳に異常があると、何度も再発し、
異常が出る場所はいろいろ変化する。
そして進行すると、自分では日常生活が送れなくなる。

原因はわからないが、ストレスやホルモンバランスの崩れによって
自分の免疫が自分を攻撃するようになり、
いろんな場所に異常が出て来る。
私は目だったのだ。
突発性であってほしい。そう願った。
もし脳に異常があって、何度も再発するようになったら・・・
子供を抱っこできなくなったら・・・。
怖かった。
もう落ち込みすぎてどん底。

つづき>>> シフト♪ 続き・・
視神経炎、その後~
プレドニンが終了したのでしばら~~~~~く日記書いてなかった。

その後1ヶ月おきに受診。
視力は良くなったと思ったが少しずつ下降気味。
0.5くらいで止まった。

その後、半年ごとの受診になった。
すっかり受診するのを忘れていた、
というか忘れたかったのかもしれない。
長男が2歳ごろ、再び妊娠したこともあって受診してなかった。
2回目の出産でまた視神経炎になったら・・・と心配にもなった。
なるべくゆったり子育てするように、
なるべく周りに頼るようにしよう!そう思った。
病気のことなんて気にしないのが一番の薬だよね。

ありがたいことに、
同じような思いをしているお母さんからのうれしいお便りももらった。
私がこうして自分の経験を書くことで
少しでも気持ちが楽になるお母さんがいたらとっても幸せふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート

第2子を出産後すぐ、体調が思わしくなくて眼科を受診。
なんとキラ~ン視力が1.0に!
良くなってた。
先生も問題ないですね。とのこと。
まずは一安心。
感謝しなければ笑い。

前<<< 眼科検診

人気blogランキング←ポチッとお願いしま~す
眼科検診
 2週間ぶりに行ってきた。
視力はかわらず。
通院は1ヶ月に1度でいいことになった。

視神経はまだ少し白っぽいらしい。
それが元通りになることはなかなか難しいと言われた。
視力はこれから良くなるかわからない。
でも最悪の事態からは抜け出すことができて良かった・・。

前<<< プレドニン終了!!!
つづき>>> 視神経炎、その後~

人気blogランキング←ポチッとお願いしま~す
プレドニン終了!!!
 2週間ぶりに眼科へ。
視力やその他の検査は前回とそれほど変わってなかった。
でもプレドニンはもう飲まなくて良いとのこと。
やった~~~!
でもメチコバールというビタミンの薬は害はないので
もう少し続けてくださいと言われた。

薬が体内から消えるまで待って、息子におっぱいをあげよう。
飲んでくれるかどうかはわからないが・・。
マッサージに通い続け、自宅でも搾り、
息子がおっぱいを忘れないようにときどきくわえさせ、
やれるだけのことはやったんだから
飲まなかったとしてもあきらめはつくさっ。

前<<< プレドニン隔日に
つづき>>> 眼科検診

人気blogランキング←ポチッとお願いしま~す
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。