新米主婦の奮闘日記
起業をめざした新米主婦が日々の奮闘を綴る。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
買ったけど・・。
 産まれてすぐの時期に、あまり寝てくれなかったので
おしゃぶりを購入した↓↓


何が気に入るかよくわからなかったので、形の違うものを2種類購入。
しかも落ちないように止めるひもも買った↓↓


おしゃぶりがあれば寝てくれるんじゃないかと
主人とワクワクしながらくわえさせてみた。

最初は少し騙されてチュウチュウしていたけど、
すぐに「なんだこれ??」という顔でペッと出してしまう。
無理に口に入れると怒り出す。
お腹が空いたときにとりあえずくわえさせれば、
泣き止むと聞いていたけど逆効果・・。

結局うちの子には気に入られなかった。

人気blogランキング←ポチッとお願いしま~す
スポンサーサイト
内緒だ
前 <<<里帰り日記その5
つづき >>>里帰り日記その7

里帰り日記 その6(11/3)

 はり止めにはすっかり慣れたみたい。
今日一回飲むのを忘れたら、はる頻度が多くなった。
薬の効き目を実感。

この間の検診から性別のことをひたすら隠している。
スイミングの友達で私と同じ様に隠している人がいるけど、
やっぱり隠すのは大変だと言ってた。。。。
言いたいのもあるけど言えないから複雑。
産まれたら主人には実は知ってたことを告白しよう。

前 <<<里帰り日記その5
つづき >>>里帰り日記その7

人気blogランキング←ポチッとお願いしま~す
哺乳瓶洗い
使ってます↓↓


 最初は哺乳瓶をただゆすいでミルトンに浸けるだけだった。
でもミルトンに入っている漂白剤とミルクが反応して塩を作るらしく、
瓶の表面が白っぽくなってしまった。。。

そこでやっぱブラシが必要かな~と思いドラッグストアへ。
哺乳瓶専用のブラシがあったけどただのブラシなのに高い。

百均にあるんじゃない?
買って帰って早速使ってみた。

あら???入らない・・・・。

そこで作ったのがこれ↓↓


百均で買ったブラシの先をとって、割り箸にはさんでみました♪
ゴシゴシとは洗えないけど十分に役割を果たしてくれます。

人気blogランキング←ポチッとお願いしま~す


はり止め
前<<< 里帰り日記その4
つづき >>>里帰り日記その6

里帰り日記 その5(10/29)

昨夜、はり止めを飲んで寝たけど問題なし!
良かった、慣れてきたようです。

 母は編み物が得意なので、教えてもらいながら
赤ちゃんのためにおくるみを編むことになった。
この間の検診以来、家でじっとしていて退屈なので
編み物は丁度良い。
ヴァイオリンも持ってきて弾いてはいたけど、
思わず頑張ってしまうので今はちょっと止めている。
編み物もあんまり根を詰めてやらないように
少しずつ編んでいるため、
いつになったら出来上がることやら。。。

前<<< 里帰り日記その4
つづき >>>里帰り日記その6

人気blogランキング←ポチッとお願いしま~す
出産体験記 その2(12/5 AM6:30~7:30)
前<<< 出産体験記その1
つづき>>> 出産体験記その3
<<< 出産体験記 もくじ

午前6:30  病院に到着。
      母は荷物を運び、父は駐車場に車を止めにいった。
      救急受付の前で看護師さんを待つ。
      すぐに看護師さんが来た。
      看護師さんが荷物を持ってくれ、産科病棟に向かう。
      母が救急受付の人に、もう一人来るのでと
      父の案内をお願いした。
      産科病棟に行くまでに、陣痛はあるか、
      予定日はいつか聞かれた。
      
      全く痛みがないのですぐには産まれないよな。
      明日くらいに産まれるかな。

      分娩待機室・分娩室の前のソファに座って待つ。
      子供を連れたお父さんも座っていた。
      2人目かな。
      子供を連れたお父さんは部屋に入って行った。
      破水の水が漏れて出そう。。。

      しばらくすると看護師さんが来た。
      看護師さん 「処置室で診察しますね。」
      処置室の診察台へ。
      看護師さん 「すごい水だね。診察するまでもなく
             完全に破水してますね。」
            「子宮口は1指くらい開いてます。」
      まだ本格的に陣痛がくるのかどうかわからないが、
      破水しているので入院決定。
      看護師さん 「機械つけましょう。時間がかかるので
             親御さんに一度帰ってもらったほうが
             いいかな。」

      一旦外へ。
       「一度帰ったほうがいいって。」
      看護師さん 「時間がかかるので、一度戻られて朝ご飯
             食べてからまたいらしてくださったほうが
             いいです。」
       「何時くらいに来たらいいですか?」
      看護師さん 「そうですね。診察は8:30からなので
             9時くらいでしょうか。」
       「じゃああとでね。」
      看護師さん 「朝ご飯はパンかご飯か
             どちらがいいですか?」
       「うーん。じゃあご飯で。」
      父と母は帰った。

      看護師さんと再び処置室へ。
      お腹のはりと赤ちゃんの心音を診る機械をつけた。
      お腹に聴診器みたいなのを2つつけて、
      ベルトでまいて固定した。

       「促進剤は使わないで、自然分娩がいいんですけど。。
         前に先生にも言ってありますが。」
      看護師さん 「破水すると陣痛がくることが多いけど、
             万一なかなか陣痛につながらないときは
             感染症が怖いので、促進剤を使わざるを
             得なくなる場合もあります。
             でも大丈夫だとは思いますよ。
             一応また先生には言っておきますね。」

午前7:00  少し弱い痛みが定期的にくるようになった。
      主人(以下太郎・・仮名) に今の状況をメールした。

午前7:30  看護師さんは機械を見て、
           「弱いけど定期的にはってきてますね。」
      分娩待機室に荷物を持って移動。
      看護師さん 「じゃあこれに着替えて
             待っていてくださいね。」
      ピンクの浴衣のようなものに着替えた。

                     つづく・・

前<<< 出産体験記その1
つづき>>> 出産体験記その3
<<< 出産体験記 もくじ

人気blogランキング←ポチッとお願いしま~す
母乳タンクは空になる??
 おっぱいは空になることはないと聞いていたけど、
どうも信じられなかった。
張ってなくても出るらしいけど、本当に出ているのか不安。
出なくて赤ちゃんが泣くことがあるから、ミルクを足していた。

おっぱいケアの先生に空にならないのか聞いてみた。

おっぱいは常に作られていて、無くなってもすぐに湧いてくるそうだ。
出ないよ~って赤ちゃんが泣いても、それに耐えて吸わせ続けると
しばらくしたら出てくるものらしい。

先生に完全母乳で大丈夫と言われたけど半信半疑。
言われた通り、家に帰ってから泣いてもミルクは足さなかった。
出てくるからね~と言いながら吸わせ続けた。

そしたら本当に出てきた!!

すごい!
こんなこと今まで誰も教えてくれなかった。
空にはならないとか、
女性の99%は完全母乳で大丈夫と言われているとか、
そういう情報は耳に入ってくるけど方法は教えてくれない。

おっぱいケアの先生に感謝♪

人気blogランキング←ポチッとお願いしま~す
心拍増
前 <<< 里帰り日記その3-3
つづき>>> 里帰り日記その5

里帰り日記 その4(10/28)

 昨夜、もらったはり止めの薬を飲んで寝た。
そのせいなのか赤ちゃんが今までにないくらいすっごく激しく動いた。
私も心臓がすごくドキドキし始めて寝られなかった。
昨日の夕方に飲んだときはそんなことなかったし、どうしたんだろう?
今日の朝飲んだ後もちょっとドキドキした。
もしかして副作用かと思って薬の説明書を見たら、
「過度な心拍増加があった場合は主治医か薬剤師に連絡を。」
と書いてあった。
薬剤師をやっている母に調べてもらったら、
やっぱり副作用で心拍増加が起こるらしい。
赤ちゃんに影響がなければいいけど不安なので、
病院に電話して聞いてみた。

 服用し始めは濃度が濃くなったりするし、
初めて使うときは慣れていないために効きすぎたりするらしい。
母親の心拍が増加すれば赤ちゃんの心拍も
増加するけど一過性のものだし、
慣れればドキドキしなくなることが多いということでした。
早産になってしまうのはリスクが大きいので、
処方されたように飲み続けて下さいと説明されました。
今までたくさんの妊婦さんが服用しているけど
問題が起こったこともないそうです。

前 <<< 里帰り日記その3-3
つづき>>> 里帰り日記その5

人気blogランキング←ポチッとお願いしま~す
お母さんは家族の太陽
 会社の上司に本をいただいた。
江原啓之さんの【スピリチュアル子育て】
上司は一児の母で、自分の子育て体験から
その本を選んでくださったのだと思う。

その本のなかに”お母さんは家族の太陽”という項があった。
今の私は太陽になっていないと思った。
ついイライラして主人にあたってしまうからだ。
先日も主人を怒らせてしまった。。。
自分でもいけないいけないと思っているのに、
散らかっているところを見たり、
ぐうぐう寝ているところを見たりするとすぐイライラしてしまう。
自分一人に子育てや家事を背負わされていると思っているのか?
大変さをわかってもらえないと思っているのか?

おっぱいケアの先生に、「あなたの主人はよくやってくれている方よ。
あなたは感謝しなければならないのよ。」と言われた。
確かにそうかもしれない。
休日、私が一週間分のおかずを作っているときは、
息子をみていてくれている。(一緒に寝ているけど♪)
ごみも出してくれるし、買い物にも付き合ってくれる。
平日もお風呂に入れてくれるし、オムツも換えてくれる。

息子はまだ3ヶ月なので、しばらくはまだ甘えてくれるけど、
小学校高学年くらいになれば母親なんて見向きもされなくなる。
今のかわいい時期を独り占めできるのだと思えば満足かも。

「スピリチュアル子育て」に書いてあるように
肝っ玉母さんになれるように、
太陽のようにキラキラと家族を照らすことができるように、
気負わず焦らず頑張りたい。

人気blogランキング←ポチッとお願いしま~す
性別
前 <<< 里帰り日記その3-2
つづき >>> 里帰り日記その4

里帰り日記 その3-3(10/27)

 先生が画像を見ながら
「性別わかってます?」

「いいえ。知らないです。」

「立派な男の子ですね~。」

あっ聞いてしまった。。。
ちょっと知りたい気持ちがあったためか、
言わないでと言うのが遅れてしまった。
画像で、これが○○でこれが○○でときちんと説明してくれた。
ほんとに立派な男の子だった。
どうりで元気一杯なわけだ。
なんだかうれしくてにんまりしてしまった。

主人にも両親にも黙っておきます。
私だけの秘密です。

前 <<< 里帰り日記その3-2
つづき >>> 里帰り日記その4

人気blogランキング←ポチッとお願いしま~す
先天性代謝異常等検査
前 <<< 里帰り日記その3-1
つづき >>> 里帰り日記その3-3

里帰り日記 その3-2(10/27)

 母子手帳に先天性代謝異常等検査の申込書がある。
生後5~7日に調べるものらしい。
住民票のある市では無料で受けられるみたいだけど、
私は里帰りなので有料??
先生に聞いてみた。

「今までの里帰り出産のかたたちは、
たぶん問題なく受けていたと思うけどちょっと確認しますね。」

看護婦さんが親切に電話して聞いてくれた。
「母子手帳の用紙は使えないようだけど、
こちらにある申込書に記入して30円で受けられると思います。」

よくわからないけど大丈夫らしい。

前 <<< 里帰り日記その3-1
つづき >>> 里帰り日記その3-3

人気blogランキング←ポチッとお願いしま~す
指しゃぶりは良いこと
 先週、おっぱいケアの先生のところに行って経過を診てもらった。
そこで息子が手をなめてしゃぶろうとしていたので、
手を口から離した。
そしたら先生に怒られてしまいました。。。

「手をしゃぶるのは良いことなの。」と。
「じゃあ、なぜ悪いと思うの??」と聞かれ、
答えがすぐに出なかった。

大きくなってもしゃぶってしまうとか、
指にタコができるとか、歯並びが悪くなるとか言われているけど、
なぜ悪いのか確かによくわからない。
思い込みでそうしてしまっていたみたい。

産まれてしばらくの間の手や足の動きは、
自分で動かしているのではなくて、
意思とは関係なく驚愕反射というもので動いてしまっている。
それが手が偶然に口にあたり、手をなめたり指をなめたりすることで、自分の手や指の存在を知り、どうやったら動かすことができるのか
覚えようとしているのだそうです。
そのうち足の指もしゃぶるようになるのだそうです!

親の思い込みで子供の発達を阻害してしまうのはとってもまずい。
子供の意思を尊重して育てたいと思っていたのに
いつの間にか親のエゴを押し付けてしまう。。。
先生に怒られて本当に目が覚めました。

これから子供が大きくなるにつれていろんなことがあると思う。
物を投げる、破る、落書き、わがまま、けんか・・・・。
どれも大切な発達過程なのだと思って、
叱るのか叱らないのか、叱るにしてもどういう言葉を使うのか、
良く考えなければならない。

人気blogランキング←ポチッとお願いしま~す
息子の誕生からの体重変化

クリックすると拡大しますよ。

 入院中は体重がどんどん減ってしまって心配したけど、
母乳がでるようになってプクプク太り、
今では小さなお相撲さん♪

<<< 妊娠中から産後の体重変化

人気blogランキング←ポチッとお願いしま~す
妊娠中から産後の体重変化

クリックで拡大しますよ。

 つわりでかなり痩せたけど、出産直前にはプラス12キロくらい。
産んでもそれほど減らず、今のところまだ元には戻ってません。。。
お腹のニクが~!!

>>> 息子の誕生からの体重変化

人気blogランキング←ポチッとお願いしま~す
初めての予防接種
 先週、3ヶ月の息子のBCG予防接種に行ってきました。
1時間前に整理券を配るということだったので、
お昼ごはん用におにぎり持参で早めに行きました。
私は19番目だったけど、あとからあとからたくさん来て、
雨だったのにすごい混雑。。。

時間があったのでおにぎりを食べた。

説明を受けて、体温を測り、左肩を出して待機。
連鎖するように次々に赤ちゃんが泣き出す。
2グループ目だったので結構早く終わってラッキー♪

息子はえらかった!!
注射してるときに、「う~っ。。」と言っただけで、
全く泣かず、寝てた。。。
さすが我が息子。

接種あとを乾かし、おっぱいをあげに行った。
授乳室も私が行ったときはそれほど混んでなかったけど、
どんどん人が増えた。
会場が暑くて私は汗だく、息子は眠くてぐったり。
オムツを換えて帰る準備。

今度は私がトイレに行きたい。。。
息子を一人にするわけにもいかないので、
スリングで息子を抱っこして荷物を持ったままトイレへ。

意外となんでもやってみたらできるものだ。
でもさすがに疲れた。

>>> 予防接種・・・ポリオ1回目

人気blogランキング←ポチッとお願いしま~す
良いおっぱい、悪いおっぱい
 私の母も姉もけっこう胸が大きい。
思春期のころは胸がなくて結構悩んだ。
他にもいろいろコンプレックスはあったな。
こんなに胸がなかったら、彼氏も結婚も
できないんじゃないかと思ってた。

今はもうそんな悩みはどこかにいってしまった。
彼氏もそれなりにできたし、結婚だって子供だってできたんだから。
3ヶ月の息子はおっぱい大好き♪

きっと悪いおっぱいなんてなくて、みんな良いおっぱいなんだと思う。
悩んでいた昔の自分に教えてあげられたらいいのに。

人気blogランキング←ポチッとお願いしま~す
骨盤体操
 最近やっとジーパンが入るようになった。
出産して退院したときにジーパンをはいてみたら、あらびっくり!!
全然全く入りましぇん。。。
これはまずいと思って、病院で教えてもらった体操を
頑張ってやりました。
確かに産むとき、腰が開かれる感じがしてものすごく痛かった。
ニクもついているとは思うけど、骨盤がパックリ開いてしまって
おしりがひとまわり、いやふたまわり大きくなった(もっとかも)。
3ヶ月経ってようやく骨盤は戻ってきた。
でもまだ戻ってないのがお腹や太もものニクだ。

温泉に行くと、よく見かけるのが洋梨体型のおばちゃん。
きっと出産、育児を通して立派なおばちゃんになるのだろう。
出産すると女は強くなると言うが、確かに。。。
もう人目などどうでもよくなる時がある。
一に我が子、二に我が子。
我が子のためならおばちゃんになってしまうのだ。

人気blogランキング←ポチッとお願いしま~す
添い寝おっぱい
 先週、おっぱいケアの先生に教えてもらった。
添い寝おっぱいってとっても楽チン。
最初はうまく吸わせられなかったけど、慣れたらすごくいい♪
特に夜におすすめです。

だっこしてあげると肩こるし、手首が腱鞘炎になりそうになるし、
背中も腰も痛くなる。
おっぱいをあげてるときはスヤスヤ寝てるのに、
ベッドに寝かすと起きてしまってグズグズ。。。
添い寝おっぱいは、そんな悩みを一気に解消してくれる。

どうやるか説明するのはちょっと難しいかな。
1.赤ちゃんをねかせたら、タオルをクルクル巻いたものを
  背中と敷布団の間に入れて体勢が半身になるようにする。
2.ママは赤ちゃんと向かい合うように横にねて、
  おっぱいを赤ちゃんにふくませる。
・下側のおっぱいをあげるときは、
 おっぱいが下に落ちてしまってくわえにくいので
 おっぱいの下にタオルをクルクル巻いたものを置いて高さを調節。
・上のおっぱいをあげるときは、赤ちゃんに覆いかぶさる感じで。
赤ちゃんがうまく吸ってくれたら、
ママは下側の腕に頭をのせて寝ましょう。

添い寝おっぱいをするようになってから、
すごく良く寝てくれるようになって助かってます♪

人気blogランキング←ポチッとお願いしま~す
母乳のために、我が子のために
 母乳に良い食べ物について調べていたら、
すごく不安にかられてしまった。
私の母乳はおいしいの??
産後1ヵ月くらいに搾った母乳を飲んでみたことがある。
ミルキーの味がした。
ほんとにミルキーはママの味なのだ。

母乳が悪いとまずくなって赤ちゃんが飲まなくなる。
油っこい物を食べすぎると母乳も油っこくなるし、
甘い物を食べすぎると甘く、塩辛い物を食べすぎると塩辛くなる。
変な添加物が入った物を食べても母乳に出てしまう。
安全な食べ物を食べないと結局赤ちゃんに影響が出てくる。

今までは安い物をもとめていたが、
これからは安全なものをもとめなければいけないのかもしれない。
といってもなかなか現実は難しい。
良い物は高いし、商品ラベルも信頼して良いのか微妙。。。
ほとんどの物に添加物は入っているし、
どこまで妥協していくのかということになる。
あまり神経質になるのもストレスがたまって母乳に良くないかも。

ほんとにお母さんの心配は尽きない。。。。

人気blogランキング←ポチッとお願いしま~す
お母さんは心配性
 3ヶ月の息子のこめかみ辺りに湿疹ができた。
たぶん2ヶ月半くらいからでき始めたように思う。
赤くなって黄色い汁みたいなものが出てジクジクしている。
かゆいみたいで、猫が顔を洗うときみたいに手でゴシゴシしている。
アトピーかな~と思って友達に相談してみた。
乳児湿疹じゃないかと言われすぐに近くの小児科へ。

やっぱり乳児湿疹だった。
塗り薬を処方してもらい、お風呂あがりと朝の2回塗った。

一回塗っただけであっという間にきれいになった!!
すごい。。。

でもネットで調べたら、薬は気休めで、
母乳に問題があると、薬をやめたらまた出てくると書いてあった。
乳製品のとりすぎは良くないらしい。
私は毎日3食牛乳を飲んでいる。
それって飲みすぎ???

それに和食中心が良いみたいで、
なるべく気をつけているつもりだけど、
どうしても魚より肉になってしまっている。
肉は安くて料理しやすいからな~。

薬をやめて、食事に気をつけてみようと思う。

人気blogランキング←ポチッとお願いしま~す
おっぱいトラブル2
 先週豚の角煮を作って食べた。
すっごくおいしかった。
次の日確定申告に行った。
主人に息子を預けて行ったので
おっぱいがあげられなかった。
そしたらすごくおっぱいがはってきて、
帰ってから飲んでもらったけどまだはってた。
角煮食べたからかな~。
夜中にまたはってきて痛くて痛くて。。。
しぼってみたけど詰まったのか出てこない。
おっぱいが硬くなってしまって、もう病院に行くしかないと思った。

主人に送ってもらい、息子を連れて
里帰り前に通っていた産婦人科に朝早くに行った。
「予約してないんですけど、おっぱいが硬くなって痛いので
診てもらえませんか。」
「当院で出産された方しか基本的に診ないことになってます。」
は~???もう痛くて痛くてしょうがないし、
イライラするし、診てくれたっていいじゃんよ~。
と思いつつ、もう早くなんとかしたいという気持ちでいっぱいで
「あーそうですか。(涙目)」

違う受付の人が先生に聞きに行ってくれた。
本当は電話予約してから来てもらうことになっているが、
今日診ることはできます。でも料金がすこし高いし時間もかかるかも。と言われた。
もし良ければと他のおっぱいケア専門のところを紹介してくれた。

早速携帯で紹介してもらったところに電話。
すごく親身になって話を聞いてくれて、思わず涙がこぼれた。
今日は予約がいっぱいだけど、
夜でよければ診ますよと言われたのでお願いすることにした。
「それまで痛いけど、もうミルクは足したりせずに
おっぱいを吸わせてみて。治るかもしれないよ。」
と言われたのでそうしてみた。

すこ~し楽になった気がするけどやっぱりズキズキ痛い。
夜、診てもらいに行った。
ホントにいい人だった。
マッサージでおっぱいがすごく楽になった。
いろいろ相談にものってくれて、料金も良心的。
本当は時間外なのに嫌な顔一つせずに、丁寧に対応してくれた。
息子もご機嫌。主人もすごく勉強になったと言っていた。

昔はきっと、こういうおばあちゃんとかおばちゃんとかが
近所にたくさんいて、いろいろ教えてくれていたんだろうな~。


授乳や育児について相談したい方はどうぞ↓↓

オッパイルーム・いちかわ
横浜市都筑区池辺町4628-2
045-934-0173
相談料:初診3000円、再診2500円、往診5000円

<<< 恐るべしチョコレート

人気blogランキング←ポチッとお願いしま~す
料理って
 例によって週末は、おかずの作りだめに明け暮れた。
料理をするときには、いつも心がけていることがある。
いかに段取りを良くし、早くできあがるようにするかだ。

そこで以前に読んだ本を思い出した。
主人に教えてもらった本で、
かなり分厚いので読めるか~!と思ったけど、
すごく面白くてスイスイ読めた。
里帰りしているときに思わず夜更かししてしまうくらいハマった。

生産管理をいかにスムーズにやり、
受注から出荷までの時間を短くして売り上げを上げ、
閉鎖目前の工場を立て直すかという内容だ。
一見とっつきにくそうな内容だけど、
それがそれが!!!
読むうちに親近感がわいてきて、頑張って~と応援したくなる。
しかも主人公は仕事に打ち込むあまり、
夫婦仲に溝が生じてしまい、奥さんとの関係修復にも悪戦苦闘。
絶対おすすめです♪

仕事と家庭は両立できたのか!
企業のゴール(目標)とは何か?

気になる人はココ↓↓



人気blogランキング←ポチッとお願いしま~す
いざというときに
 昨日、確定申告に税務署に行ってきた。
オムツ交換場所や授乳室の案内看板があった。
利用しなかったのでどんなところかわからないけど、
そういう場所が用意されていることに感心した。
きっと出産したばかりのママさんたちが
医療費控除に来るからだろう。
税務署に用事がなくても、
いざというときに利用させてもらうのもアリかもしれない。

人気blogランキング←ポチッとお願いしま~す
行って来ました医療費控除申請
 朝9:30ごろに税務署に行きました。
その時間は列ができるほどの人はいなかったが、
10:00ごろには列ができていた。
早めに行って良かった~。

作成場所(プレハブ)と提出場所がわかれていました。
私は書けるところは書いたけど、
わからないところは空欄にしておいたため、
作成場所に向かいました。
プレハブに入ると机と椅子がたくさん並べられていて、
人でほぼうまっていた。
入り口付近でおじさんが「どういった申告ですか?」
私「医療費控除です。」
おじさん「パソコンは使えますか?」
私「使えます。」
おじさん「じゃあ、パソコンで作成するあちらの席へどうぞ。」
私「パソコンで申告書はダウンロードして
  書けるところは書いてきました。」
おじさん「そうですか。それではこちらでお待ちください。」

すぐに席を案内されました。
お年寄りやスーツを着た人が多く、女の人は少なめ。
若い人はあんまり見なかったな。
税務署の人があちらこちらにいて、
質問がある人のところへ行って答えていた。

私も医療費に入るのかどうかわからない交通費のことや、
所得税率について質問した。
やっぱり里帰り出産の帰省のための交通費は入らない。
帰省先での診察を受けるために
実家まで帰るのにかかった交通費はグレーゾーンだと言われた。
いちいちそこでチェックするわけではなくすべて自己申告なのだ。
提出後にチェックが入り、
不明な交通費などは後で問い合わせがくる。
所得税率も説明してもらい、
手引きに沿って計算していけばおのずとわかった。
結局5000円くらい戻る計算。

アンケートもあったので記入して
提出場所に向かった。
列は無く、すぐに提出できた。
控除が支払われるまでに2ヶ月ほどかかるらしい。

ふぅ。。。

提出場所を出るときにはかなりの列が。。。
小さな赤ちゃんをだっこして来ているママさんがいて、
大変だろうな~と思った。
私はちょうど主人が休みだったので預けて来られたから感謝♪

いい勉強になりました。

<<< 新米主婦にもできる確定申告
>>> そろそろ医療費控除

人気blogランキング←ポチッとお願いしま~す
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。