新米主婦の奮闘日記
起業をめざした新米主婦が日々の奮闘を綴る。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
祇園祭2011
せっかくなので家族で祇園祭へ。

祇園祭って有名で聞いたことはあるけど全く知らない。

祇園祭は7月1日から1ヶ月の間行われるらしい。
もともとは千百余年前、京の都や全国各地に疫病が流行し、
その疫病退散を祈願するために「祇園御霊祭」として始まったそう。

メインは山鉾巡行(7月17日)。
今年は7月17日が日曜日で、3連休なので大賑わいだったそうだ。

メインの前夜祭のようなものが宵山。
32ある山や鉾が各町に並び、ピーヒャラピーヒャラ。
ではなく”コンチキチン”と囃される。
屋台も並び、町中てんやわんや。



宵山では日中に山や鉾に一人300円で乗ることができる。
南観音山に乗った。
動いてはないがなかなか迫力があった。
上記はその写真。
乗るのに少し並んだ。とにかく暑かった~。
でも乗る価値はあると思う。
だれていた子供たちも大興奮!

32ある山や鉾は毎年くじ引きで巡行順が決まる。
私達が乗った南観音山は毎年巡行の順番が最後と決まっている。
先頭も毎年決まっていて、それは長刀鉾だ。

宵山で見た長刀鉾の周りにはとにかく人が多かった。
毎年先頭ということで有名だからだろう。
「ちまき」というものが売られているが、これは食べ物ではなく
玄関に吊るして翌年の祇園祭に新しいものと取り替えるまで
疫病や災難除けとして飾っておくもの。
32の山や鉾ごとに作られるみたいで、
やはり長刀鉾のちまきは人気があるようだった。

翌日は山鉾巡行へ。
とにかくすごい人~~~。



上記はとにかく撮ってみた。
何山??何鉾??

私達は昼近くに行ったが、もう午後なので帰る人もちらほらいた。
関係者席なのかな?有料席なのかな?
いたるところにある紅白の垂れ幕で囲ったイスの並んだ場所も
空いてきている。
その後ろで見ているとその特別コーナーにいるおじさんが
「ここ空いたから入って座ったらいいじゃん」と。
え?いいの?他にもたくさん人いるし
私達だけいいの?と旦那とドギマギ。
小さい子供もいたし許されたのだろう。
おじさんありがとう!!!

そこに座ってゆっくり見られた♪

おもしろかったのは32の山鉾の中で唯一からくりを持つ山、
蟷螂山(とうろうやま)。かまきり山とも呼ばれる。
羽や足が動くようになっていてかなりおもしろかった。
5歳の息子がなかなかうまく撮ったので載せてみた↓


それから船鉾↓
かっこいい♪


暑かったけど祇園祭は見る価値大。
京の町の祭の雰囲気もステキだった。
各町の老舗や旧家では
貴重な秘蔵の美術品等もお披露目されていて、
まちの老舗めぐりをしていると特した気分になります。
これで来年まで元気に暮らせるかな。
スポンサーサイト
根っこが生えて動けない
長男5歳のちょっとほほえましい話。

子供を寝かしつけているとき、
いつも長男はお話しがなかなか終わらず
すぐには寝てくれない。

昨日も兄弟でキャアキャア言ってた。
長男が「おかあちゃんちょっと起き上がって」と言うので。
もう寝かかっていた私は
「根っこが生えちゃったから動けないよ~。」と答えた。

長男「根っこなんて生えないよ」
私「寝てるときおかあちゃんはゴロゴロしないでしょ。
根っこが生えてるからだよ。」
長男「じゃあ抜いちゃえばいいよ。」と
私の背中の下に手を入れて抜こうとする。
私「寝ると生えて、起きるとなくなるんだよ。
 今は寝てないから生えてないよ。」

長男「おかあちゃんはお花なの?」
私「そう。お花なの。寝ると咲くんだよ。」
長男「お花は夜咲かないよ。」
私「夜咲くお花もあるよ。月下美人とか。」
長男「産まれた赤ちゃんのときからお花なの?」
私「・・・そうだね~。赤ちゃんのときは人間だよ。」

長男「・・・・根っこ生えないでよ。。。
   お花にならないで。。。」
ちょっと涙声になってる。
私「お母ちゃんがお花になったらいやなの?」
長男「だって抱っこできないよ。」
私「そっか。じゃあ今日の夜に
もう根っこ生えないようにお願いしておくね。」
長男「うん。」

長男もまだまだ純粋なんだな~とつくづく思った。
いつも憎たらしいことばっかり言うくせにかわいいやつ。
初ホタル
人生で初めてホタルを見た。

毎年毎年これぐらいの季節になると
ホタルみたいな~と思うんだけど
思っているうちに時期を逃してしまう。

京都に来て、近くにきれいな沢があるよと教えてもらったので
子供とカニ採りに行った。
そこにホタルもいるらしいとのうわさ。

旦那は、カワニナ(幼虫ホタルが食べる貝)がいないから
いないと思うよ。とのこと。。。

ある朝、マンションの管理人さんが「ホタル見せてあげる」と。
「えっ?!」
どうやらマンションに迷い込んでいたらしい。
管理人さんもあそこの沢から飛んで来たんだと言う。
ヘイケボタルらしい。
朝だから光っているのはよくわからなかったけど、
ひっくり返すとお尻が白くなっていた。
こんなところで見られるなんてすごいな~。

その夜、例の沢に家族で行ってみた。
昼間は明るいけど夜は真っ暗闇。
ホントに暗い。何も見えない。
子供達は怖い~とくっ付いてくる。

すると黄色っぽいような小さな明かりがフワッと見えた!!
「あ!いた!」
子供達も大興奮!

初めて見た。
たくさんはいなかったけど、
きっともっと森の奥にたくさんいるんだろう。
真っ暗すぎて危ないからそこまでは行けなかった。
でもすごく感動。

民家がすぐそこにあるのにホタルがいるなんてビックリ。
しかもウチから徒歩15分くらいのところ。

確かに水はすっごくきれいで冷たすぎるくらい。
ウチから歩いていくと
だんだんと気温が下がっていくのがよくわかる。

京都は自然がたくさん残っているんだな~。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。