新米主婦の奮闘日記
起業をめざした新米主婦が日々の奮闘を綴る。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エール♪
人は誰でも素晴らしい力を持っている。
私には無いと言う人もいるかもしれないが、
それは自分の無限の力に気づいていないだけ。

きっと小さいころから人と比べられ、
頑張ってばかりで、そしてその評価を気にするように
無意識にか意識的にか教えられてきているから
いつまで経っても自分に自信が持てないのだと思う。

就学した途端にレールの上に乗せられ、
同じ道を行くように強いられる。
そこからはみ出そうとしようものならつまはじきにされる。

私もそうだった。
自分に自信がなく、それでも何かしたいとも思いつつ、
でも自分に自分でなんとなく限界をひき、
できない理由をあれこれ考え、人にどう思われるかを気にして、
結局何もうまくいかない。
いつも息苦しく、楽しい学生時代なんて無かったように思う。
そんな人生だった。

自信というのは、小さいころから失敗を恐れずに
なんでも挑戦してきた人にだけ持つことができるものだと思う。
失敗したっていい。
間違えたっていいのだ。
失敗しながら時には成功を体験することで自信は得られる。

私はなんでもそうだと思う。
どんな職業でも。

何でも楽しんで、失敗も楽しんで、
そう前向きに進んでいけば絶対に幸せになれる。
何でも楽しんで、失敗も楽しんでいる時点で
もうその人は精神的な幸せを手に入れている。
幸せとは、お金がたっくさんあることでも地位があることでも
人にすごいと言われることでもない。
自分を肯定し、自分を好きになり、
自分の言葉で自分のやり方で生き、責任をとれること。

そうすれば「私は自分の足で歩いている。生きている。」という
清々しい気持ちになれる。
そして自然と全てのことに感謝できるようになり、
どんな悪いときにも前向きになれる。

どんな人でも最初からなんでも上手にできる人なんていない。
どんな人でも最初から自信のある人なんていない。
スポーツ選手も音楽家も会社員もどんな人でも。

何でも楽しむ。
何でもやったらできる。

そう気づいたとき、私の人生が全て変わった。
何にでも感謝できるようになり、ポジティブになり、
何より気が楽になった。

「一生懸命とにかく頑張ることが素晴らしい」という精神論には
私は首をかしげたくなる。
頑張る・・・確かに生きていくことは修行であるから
何も頑張らないで生きていくことはできない。
頑張るなということではないが頑張りすぎて
自分を見失ってしまっている人がかなり多い。
そういう人は「自分はこんなに頑張っているのに、
あの人は・・・」とか
悠々ジテキな生活を送っている金持ちや有名人、
そうでなくても周りのあらゆる人に対して
「あの人は気楽でいいわね」と足を引っ張ろうとする。

そもそも頑張るのは誰のためなのだろう?
自分のためなのだ。
それなのに周りに幸せを求めようとする。
人に良く思われようとする。
幸せは自分の中にだけしかないのに。

音楽をやっているとレベルを気にする人によく出くわす。
そういう人は「あなたはもっと頑張らなければ
聞いてくれる人に失礼よ。恥ずかしくないの?」と言う。
そう言われた側はそう言われた時点で自信を喪失してしまい、
よく思われるためだけに一生懸命頑張り、
自分を見失ってしまうことが多い。
いくら練習しても上手になっても「ここが良くなかった」と
悪い面だけを見てしまう。
練習というのはそもそも悪いところを直すためにやるので、
悪い面を見つけるために努力をひたすら続けて
いつまでたっても満足できないという
負のスパイラルに陥ってしまいがちだと思う。

私は自分に自信を持つことでしか
負のスパイラルから抜け出せないと思っている。
自分にはできるんだと自信を持ち、全てに感謝し、
精神的に自由になることで、
前にはできなかったこともできるようになるし、
誰も思いもよらなかったところにまで到達できるようになると思う。

「できるところまで。」というと
諦めているように聞こえるかもしれないがそうではなく、
その人の「最高の時点」のことを意味する。
自信を持てば最高=無限になるのだから。

フィギアスケートを見ているとすごく感じる。
荒川静香さんも安藤美姫さんも浅田真央さんも高橋大輔さんも、
一度は自分を信じられなくなったために
演技もうまくいかなくなってしまったが
再び自分に自信を持てたことで素晴らしく復活した。
きっとコーチが自信を持たせるような指導をしたのだと思う。

一流の演奏家でも自分に自信が持てないために
うまいだけで感動しない演奏家も多い。
きっと人にどう思われるかを気にしすぎているんだと思う。

冒頭に書いたように、みんな「自分の無限の力に気づいていない。」

私は子供には自分の力を信じられるよう、
何でも恐れずに挑戦していって欲しいと思う。
大人でもまだまだ遅いことはない。
私もまだまだ頑張るぞ!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
子育てしてて、
自分の子供には
自分に自信が持てる人間になって欲しい!
といつも思ってるよ。

そして私以上にハートが強いうちの息子汗

大きくなってもその自信を持ち続けてほしいなぁ。
大人になって気持ちを変えるのはむづかしい...

このブログ、励まされたよ♪
2011/06/02(木) 18:50:42 | URL | dream #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://akikodiary.blog21.fc2.com/tb.php/195-040e2cb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。