新米主婦の奮闘日記
起業をめざした新米主婦が日々の奮闘を綴る。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
祇園祭2011
せっかくなので家族で祇園祭へ。

祇園祭って有名で聞いたことはあるけど全く知らない。

祇園祭は7月1日から1ヶ月の間行われるらしい。
もともとは千百余年前、京の都や全国各地に疫病が流行し、
その疫病退散を祈願するために「祇園御霊祭」として始まったそう。

メインは山鉾巡行(7月17日)。
今年は7月17日が日曜日で、3連休なので大賑わいだったそうだ。

メインの前夜祭のようなものが宵山。
32ある山や鉾が各町に並び、ピーヒャラピーヒャラ。
ではなく”コンチキチン”と囃される。
屋台も並び、町中てんやわんや。



宵山では日中に山や鉾に一人300円で乗ることができる。
南観音山に乗った。
動いてはないがなかなか迫力があった。
上記はその写真。
乗るのに少し並んだ。とにかく暑かった~。
でも乗る価値はあると思う。
だれていた子供たちも大興奮!

32ある山や鉾は毎年くじ引きで巡行順が決まる。
私達が乗った南観音山は毎年巡行の順番が最後と決まっている。
先頭も毎年決まっていて、それは長刀鉾だ。

宵山で見た長刀鉾の周りにはとにかく人が多かった。
毎年先頭ということで有名だからだろう。
「ちまき」というものが売られているが、これは食べ物ではなく
玄関に吊るして翌年の祇園祭に新しいものと取り替えるまで
疫病や災難除けとして飾っておくもの。
32の山や鉾ごとに作られるみたいで、
やはり長刀鉾のちまきは人気があるようだった。

翌日は山鉾巡行へ。
とにかくすごい人~~~。



上記はとにかく撮ってみた。
何山??何鉾??

私達は昼近くに行ったが、もう午後なので帰る人もちらほらいた。
関係者席なのかな?有料席なのかな?
いたるところにある紅白の垂れ幕で囲ったイスの並んだ場所も
空いてきている。
その後ろで見ているとその特別コーナーにいるおじさんが
「ここ空いたから入って座ったらいいじゃん」と。
え?いいの?他にもたくさん人いるし
私達だけいいの?と旦那とドギマギ。
小さい子供もいたし許されたのだろう。
おじさんありがとう!!!

そこに座ってゆっくり見られた♪

おもしろかったのは32の山鉾の中で唯一からくりを持つ山、
蟷螂山(とうろうやま)。かまきり山とも呼ばれる。
羽や足が動くようになっていてかなりおもしろかった。
5歳の息子がなかなかうまく撮ったので載せてみた↓


それから船鉾↓
かっこいい♪


暑かったけど祇園祭は見る価値大。
京の町の祭の雰囲気もステキだった。
各町の老舗や旧家では
貴重な秘蔵の美術品等もお披露目されていて、
まちの老舗めぐりをしていると特した気分になります。
これで来年まで元気に暮らせるかな。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://akikodiary.blog21.fc2.com/tb.php/200-c6f41ffd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。