新米主婦の奮闘日記
起業をめざした新米主婦が日々の奮闘を綴る。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
燃えよ剣 上下 (司馬遼太郎)
 新撰組のことって何も知らなかった。
イメージは、鉢巻に水色のお揃いの制服。
とにかく強い正義の味方。
そういう漠然としたイメージしかなかった。

読み始めてまず最初に感じたのは、
「この人たち理解できない」という感覚だった。
剣になにがなんでも正義を持たせ、そのために命を懸けるところや、
幕府に対する忠義、性に関する考え方。
昔の人はこういう考え方だったのかと、
現代の生き方とは全く違うんだなあと思った。
本の冒頭から既にその世界観に「???」

ここで主役になっている土方歳三。
好きな人も多いみたいだが、
もちろん著者の司馬さんも好きだから書いたんだと思うが、
どうしても私には共感が難しい遠い人だった。
どうしてそういう考えになるのかは読んでいてわかるが共感は難しい。
私なりに共感しようと書いてみる。

土方はとにかく剣の人。
幕府のために働くが幕府のためというよりは
剣のためだったのかなと思う。
近藤勇のように幕府に認められたいとか
力を持ちたいとかそういう考えも無い。
好きになった女性もいたが結局土方は死にに行ってしまう。
負ける死ぬとわかっていて戦争に行くのだ。

武蔵国から京に来たてきた土方・近藤・沖田は
新撰組を組織し統制していく。
隊長は近藤勇だが実質の隊長は
副長の土方だったのではないかと思う。
土方は近藤をリーダーにしたてていく。
自分がやりたいことをするには
近藤に長になってもらわなければ都合が悪いから。
土方は寡黙で遊んだり騒いだり、議論したり、
そういうことは全くしない。
そういう土方はリーダーには向いてない。
だが理想の新撰組を作っていくために規律を作ったり、
近藤に助言したり。
理想の新撰組から外れるものは斬ってしまう。
理想とは剣の正義。

最後、箱館で討ち死にするが、
そのときは新撰組はほとんど離散状態。
最後は孤独だった。
子供のころからの仲だった近藤もすでに
新政府に捕らわれている。
それに価値観も近藤とはズレてきていた。
沖田総司も病で死んでいる。
おそらく好きになった女性だけが
土方のことを心配していたのではないかと思う。

土方は歴史の新しい流れに
どうしても乗りたくはなかったのではないかと思う。
明治になる前に正義のもとに死ねて
返って幸せだったのかもしれない。
読み終わった後、読んでる最中もだが、ず~っとむなしい気持ちで、
なかなか本の世界から抜け出せない自分がいた。

関連記事→龍馬ゆかりの地へ
      →本当の龍馬って??
      →勤王って?
      →坂本龍馬追悼&ちょこっと江ゆかりの地
      →龍馬の墓 ~霊山護国神社~
      →坂本龍馬ゆかりの地~河原町・木屋町 地図~
      →最後の将軍-徳川慶喜-(司馬遼太郎)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://akikodiary.blog21.fc2.com/tb.php/210-58bd4dc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。