新米主婦の奮闘日記
起業をめざした新米主婦が日々の奮闘を綴る。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
書かずにはいられない!!!!!!!!!パート2
たまたま2012年10月18日放送の『地球イチバン』という番組を見た。
目が離せなくなった。
この日放送されたのは
「地球でイチバン大きなオーケストラ教室 ~ベネズエラ~」
これを見て全てが私の中でガチッとつながった。
ドキドキしてその日は寝られないくらい。
絶対にこれは書かなきゃ。

このオーケストラは楽器も授業料も全てタダ。
国や支援団体が援助しているからだそう。
ベネズエラには学校にも行けない
貧しい暮らしをしている子供が多い。
父親がいなくて収入が少なく、
貧乏で危険なスラムで暮らさなければならない子供も多い。
スラムでは毎日のように強盗や
殺人が起こるので子供は外で遊べない。
毎日、命の危険を感じながら育つ。
教育も受けられず、貧しく、
危険な生活をしている子供たちは
自然と悪の道に入ってしまうことが多い。
そんな状況をなんとかしたい!と
1975年に、経済学者で音楽家でもある
ホセ・アントニオ・アブレウ博士の呼びかけで始まった。
このシステムは『エル・システマ』
(国立財団ベネズエラ児童青少年オーケストラ制度)という。

小さな子供たちはまず楽器を渡され好きなように弾いてみる。
とにかく褒められ、音楽の楽しさを覚えていく。
少し上のクラスではオーケストラに挑戦してみる。
先生は指揮を振るけど、何も教えない。
少し上手な子が、うまく出来ない子に教えるのだ。
お互いに気づきながら、協調性を養いながら成長していく。
また、先生はいわゆる偉いプロの先生ではない。
この『エル・システマ』の上級生や卒業生だ。

その卒業生にあの私の大好きな指揮者、
グスターボ・ドゥダメルがいたことをこの番組で知った。
全てがつながった。
前にこのブログで紹介した→書かずにはいられない!!!!!!!
『~シモンボリバル・ユース・オーケストラ
              ノリノリのアンコール!~』
この指揮者だ↑
とにかく楽しくて感動で涙が出る演奏と指揮。
このときはただ、
すごい指揮者とたくさんのエリートの若者たちという認識だった。

グスターボ・ドゥダメルが『エル・システマ』出身ということは
このシモンボリバル・ユース・オーケストラも?と
調べてみたらやっぱりそうだった。
『エル・システマ』のトップを集めたのが
シモンボリバル・ユース・オーケストラだそう。
それでますます納得。

こんなに音楽を楽器を楽しんでいる
指揮者とオーケストラを初めて見た。
だからこそこんなに感動するんだと。
どん底を経験し、そんな中でも音楽によって救われた子供たち。
だからこそ心の底から音楽を愛することができるのかもしれない。

日本では「オーケストラ」「クラシック」というと
お金持ちやエリートのもので敷居が高いと思われがちだし、
音楽をやっている本人も
どこかでそう感じているような傾向があると思う。
オーケストラという枠や形を気にするし、
人の評価を気にし過ぎながら演奏したりする。
それって私にとっては楽しい音楽ではない。

それに、日本はこんなに豊かなのに、その幸せに気づけず、
絶望し、低迷している。
ベネズエラのこのような社会が
こんなに素晴らしいオーケストラを産んでいる。
日本だって負けてられないよ。
もっと精一杯生きようよ!と叫びたくなった。

私はママオケでなんでもありの
なんでも自分たちでやるオーケストラを作りたかった。
枠や評価にとらわれない思いっきり楽しい
みんなのオーケストラを作りたかった。
やっているときはこれでいいのかなと迷うこともあったけど
やっぱり良かったんだなとあらためて思えた。
楽しさは感動を与える。

つながったといえば、私は小学生のとき初めて見たミュージカルが
『ウェスト・サイド・ストーリー』だった。
姉がビデオにとっていたのを一緒に見た。
私は塾に行くところだったのに、
たまたま居間で姉が見ていて
それをチラッと見ただけで動けなくなった。
なんてすごい音楽なの??
この外国の人たちはなんてすごい踊りをするの??
一瞬で虜に。
最後の場面で小学生なのに涙を流し、
姉に「泣いてるの?」と聞かれ恥ずかしいまま
涙のあとをつけて自転車で急いで塾に行ったのを覚えている。

それ以来、何回も『ウェスト・サイド・ストーリー』の録画を見た。
中学生のときお小遣いをためてCDを買い、何回も聞いた。
今まで触れていたクラシックとは全く違うワクワク感。
それで、作曲したバーンスタインが大好きになった。

そう、
前にこのブログで紹介した
『~シモンボリバル・ユース・オーケストラ
              ノリノリのアンコール!~』
それには『ウェスト・サイド・ストーリー』の
マンボが演奏されている。
このマンボで泣いた私、
『ウェスト・サイド・ストーリー』で泣いた私、
バーンスタインが好きな私、
グスターボ・ドゥダメルが好きな私、
シモンボリバル・ユース・オーケストラが好きな私、
ママオケを立ち上げた私、
全てがつながっていてなんだか勝手にドキドキしてしまって。。。

『エル・システマ』のような
子供たちのオーケストラを作ってみたい。と
最近漠然と考えてしまう私でした。

番組の紹介はココ↓
地球イチバン
『エル・システマ』の紹介や
シモンボリバル・ユース・オーケストラのことも書いてあるよ。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://akikodiary.blog21.fc2.com/tb.php/216-34c9495b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。