新米主婦の奮闘日記
起業をめざした新米主婦が日々の奮闘を綴る。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
認知症の父とのやりとり日記①(2016/1/30~2/25)
2016年1月30日 
父が施設に無事入所した。
しばらくは心配なのでできるだけ毎日様子を見に行った。
入所してすぐは、ちょっとよそ行きの気持ちでいるせいか、
スタッフさんに言われるがままに穏やかに過ごしているようだ。

1月31日 
主人と子供たちと一緒に会いに行く。
やはり納得はいっていないのか私の主人に「ここは難しい」
「自分でなんでもやってきたんだから」と言っていた。
なかなか言葉が出にくい様子。表情もかたい。

2月1日 
主人と子供たちと一緒に会いに行く。
私が先日演奏したのを覚えていて、
「一緒に演奏したいな」と言っていて驚いた。
母もこの日は施設のスタッフさん、
ケアマネージャーさんや
介護ベッドの業者さんと会うことになっていたので
施設には訪れたが父には会わずに帰った。
帰りたいと言われることを恐れてのこと。

2月2日
自分が今どこにいるのかが気になるようで、
しきりに施設のパンフレットとにらめっこをしている。
そして「ここのやり方はやっぱり合わない」と言う。
施設にかかるお金のことも気にしている様子。
パンフレットはタンスの上の見にくいところにしまっておいた。

本がゴミ箱に入っていたので
間違って落としたのかと思い「どうしたの?」と聞くと、
「この本は合わんから捨てた」とのこと。
本の表紙に赤のマジックで×が書いてあった。
言葉が出てくるようになってきた様子。

2月3日
今日は笑顔で迎えてくれた。
合わないとは言いながら「慣れてきた?」と聞くと「うん」とのこと。
私が帰るときに付いて来る。一緒に帰りたそう。

2月4日
元気そう。
母が3月に手術のため入院するのでその説明をする。
担当の先生が母を診察しているところの写真を見せた。
すると父が「先生の名前を教えて欲しい」と。
帰るとき、一緒に帰りたそう。

2月5日
元気そう。
新しい施設なので新しいスタッフさんが入って来られるが、
新しいスタッフさんとは
なかなかコミュニケーションがうまくとれない様子。
「夜この子(孫)が来るかなあと思ってた」と言う。
楽しみにしているよう。
母の手術日程を伝えると「見舞いにいかなあかんなあ」と言う。
「お母さんが治ったら来てもらおうね」と伝える。
今日はすんなり帰れた。

2月6日
穏やか。
スタッフさんの記録には、朝機嫌が悪かったと書かれていた。
「お母さんは家にいるって言ってたなあ」というので「そうだよ」と言うと
「良かったあ」と言う。
父なりに心配しているようだ。
「家に行きたいなあ。。」とつぶやく。

2月7日
兄家族とともに会いに行く。
元気そう。
自分の水筒に強い執着を持っていて、
スタッフさんがお茶を入れるために持って行こうとすると
盗られると思って拒否する。

後からスタッフさんに「急に来るから(兄家族や私たちが)困る」
と言っていたそう。

2月8日
この日は主人に行ってもらう。
いつもと変わらない様子。

2月9日
元気そう。
「あれは来ないのか?」というので「お母さんのこと?」と聞くと
「ああ」と言う。
「手術が終わって歩けるようになったら来られるよ」と伝える。
「少し慣れてきたかな?」と聞くと「うん」とのこと。

2月10日
元気そう。
手術前に母が来ると思うと父に伝える。

スタッフさんから話があった。
昔の話や好きなもの、今まで何をやってきたなどを聞き出して
カウンセリングを行うとのこと。

母が来たときに「帰る」と言い出さないか不安だが、
それに対応するのが私たちスタッフの仕事です。と
言ってもらえたと母に伝える。

2月11日
主人に行ってもらう。
トイレや入浴拒否があるとのこと。
お母さんの手術が成功するように協力しましょう。応援してください。
との言葉に大きくうなづいたとのこと。

2月12日
穏やかそう。
担当のスタッフさんによると今日は一日中眠たそうで、
ご飯食べながらウトウトして穏やかだったとのこと。
近々お母さんとみんなで来るねと伝える。

2月14日
施設から電話。
父が高熱を出しているとのこと。
病院に行った方が良いので一度ご家族も来てくださいと。
母にも連絡し、急いで施設へ。
施設のかかりつけの先生によると肺炎の可能性があるので、
すぐに病院に行ってくださいとのこと。
意識が朦朧としているようで、話しかけても返事がない。
救急車で行ってもらうので一緒に乗ってくださいと言われる。
小さい子供がいるので一度帰って、代わりに主人に付き添ってもらう。
肺炎との診断。
しばらく入院することになってしまった。
もうすぐ母も入院なのに。。。

抗生物質の点滴と酸素マスクで安定。

看護婦さんから、今後もし何かあったとき
延命治療をするかしないかの判断をどうするのか、
家族で話し合って欲しいとのこと。
姉と兄に相談。母にも連絡。

2月15日
家族で電話やメールで話し合う。
母の判断に任せたいがそれぞれ意見を出す。
そこまで真剣に考えたことがなかったし、
そんなに深刻だということもわかっていなかった。
今はまだどうなるかわからない状態。

肺炎になると痰が出るのでそれを取り除かなければならないが、
お年寄りはなかなかうまく出せないのだそう。
それがうまくいかなくて呼吸もうまくできなくなると、
酸素濃度が下がり危ない状態になる。
常に痰を看護婦さんに吸引してもらう。
吸引で取りきれないこともあり、吸引では追いつかなくなると
チューブを入れなければいけなくなる(気管内挿管)。
気管内挿管は長い間は無理で、2週間もすると
喉を切開しなければならない(気管切開による人工呼吸)。

気管内挿管をするということは
いづれ気管切開による人工呼吸になってしまい、
寝たきりになり、延命治療に繋がる。
人工呼吸器をつけてしまうと
日本の法律ではそれをやめることはできない。

父は常々延命治療には抵抗していた。
だから挿管はせず、自然な死を受け入れようと家族で結論を出した。

2月16日
主人にお見舞いに行ってもらう。
酸素チューブが取れ、体温は37.8℃、
意識はしっかりしており、会話もできた。
快方に向かっていた。
肺炎で救急車で運ばれて、今は回復していることを本人に説明。
穏やかで、母のことを気にしていたそう。

2月17日
主人に行ってもらう。
意識ははっきりしている。
ご飯は開始しているよう。
記憶の混乱があるようで、母の手術が終わったと思っていた。

2月19日
母と一緒にお見舞いに行く。
施設に入所してから初めての対面。
かなり回復していて顔色も良さそう。
ここは退屈だと言っていた。
元気になりすぎ。。
でも母に会えてうれしそう。

施設に父が入所してから、母は父に会うのをためらっていたが
自然な形で会うことができて良かった。

2月22日
順調に回復。
痰の吸引が辛そうで見ていられない。
いつまでここにいるのかと不安があるのか、
不満をもらす。
母を探しているのか病院の廊下を夜中に歩いていたらしい。

2月24日
そろそろ退院できそうだとの連絡あり。

2月25日
先生と施設のスタッフさんと母とで退院後のことについて話し合い。
私が行くと母が困っている。父が看護婦さんに怒って怒鳴っていた。
つねられたと言う。
おそらく理由はこうだ。
勝手にどこかに歩いて行ってしまうし、
まだ1人での歩行は危ないので、
車椅子に乗せようと
看護婦さんが腕をつかんだのが気に入らなかったようだ。

いじめてくるとも言うので、
みんなお父さんの肺炎が早く治るように
協力してくれているんだよと説明する。
病院に入ってからは、施設と違って自由には動けないし、
大抵はベッドの上なので表情もかたいし、
言葉も出にくくなっている。
やはり施設はありがたい。

新しくできたばっかりの施設だからか、
人それぞれ言うことが統一されていないなと感じることがあったり、
連絡がうまく行き届いてなくて待ちぼうけになることがあったり、
伝えておいたはずのことが伝わってなかったり、
施設に入所する前に必要なものは揃えたはずなのに、
入所してからあれこれと要るものを言われたり
そんなことがあったが、話してみるとみなさん良い人ばかりで、
父への対応も良いので、感謝している。
介護のお仕事は本当に大変なお仕事だと思う。
手を抜こうと思えばいくらでも抜けるお仕事だとも思うので
やはりスタッフさんの人柄が一番大事だと思う。
事務的な対応の未熟なところは
これからいくらでも改善されていくだろう。
良い施設に入所できて良かった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://akikodiary.blog21.fc2.com/tb.php/221-d32dc319
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。