新米主婦の奮闘日記
起業をめざした新米主婦が日々の奮闘を綴る。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
認知症の父とのやりとり日記③(2016/4/2~4/30)
4月2日
演奏会
なんだか緊張してしまったが、みなさん喜んでもらえたようだった。
父にどうだった?と聞くと、「良かった」とのこと。
1月に演奏させていただいたときは、
演奏後に施設に行く度にいろいろなおじいさんおばあさんに
「この間はありがとう」と言ってもらえて
驚きとうれしさでいっぱいになった。
今回も楽しみにしていただいていたようで、
演奏会後にわざわざ声をかけてくれたおばさんがいてうれしかった。

4月5日
元気そう。
私の演奏会のことや母も聞きに来ていたことも覚えていた。

4月9日
行くとぐっすり寝ていた。
寝ているのを起こすと機嫌がわるくなるかもしれないので、
一旦足りなくなったパットなどを買いに行った。

少し前に、担当の女性スタッフさんに父が手を上げたことがある。
ビックリしてスタッフさんに話を聞くと、
朝寝ているところを起こすとき、夢を見ていたのか
夢と現実との認識があやふやになり、
そこから不穏が出てきて、
手を上げるということに至ったのではないかとのこと。
なので、今後起こすときには気を付けますとのことだった。
本当に申し訳ない。。。
それから、女性スタッフさんに対しては横柄な態度だったり、
口調がきつかったりするが、
男性スタッフさんにはそんなことはないそうなので、
不穏になりそうなときは男性スタッフさんが対応するとのことだった。
困ったことだ。
手を上げられたスタッフさんには謝ったが、
「そんなこと気にしないでください」と。
本当に良いスタッフさんで感謝している。

買い物から帰ってくるとちょうど晩御飯時。
食事中の父の横で一緒に座って少し話をしてから帰った。

買い物だけしてそのまま父に会わずに帰ったこともあるが
そのときは怒っていたそうだ。
時間がないこともあるのよ。お父さん。

4月11日
夜眠れていないそうで眠たそう。
気分にむらがあるので安定剤を服用。
そのためか穏やかだったが、
何やらいろいろとブツブツ文句らしきことを言っていた。
何を言っているのかはわからず。
母はなんで来ないのか?とのこと。
会いたいようだ。

4月12日
昨日に引き続き文句の日。
でも昨日のことはあまり覚えていないようだった。
施設の文句、主人の文句、母の文句。。。

NHKの番組で昨日『ユマニチュード』というのをやっていた。
なるほど~!!とすごく参考になったし、
今までやってきたことも間違いではなかったんだ!と励みになった。
そして実践しようと意気揚々と施設へ。

撃沈。
やっぱり難しい。。。
父の文句話が出てくる度に違う話題にするが、
まためぐりめぐって文句の話にどうしても戻ってきてしまう。
そしてこっちが一生懸命になって説明しようとしてしまうと
話す文章が長くなってしまい、
理解が難しくなるようで余計混乱させてしまった。
挙句の果てにうそつき呼ばわりされて泣きそうになった。

番組では話好きそうなおばあちゃんが出ていたから
うまくいったのではないかなあと思った。
気難しいおじいちゃんで試してみて欲しい。
なんならウチの父で。

母曰く、納得させようとか説明しようとか考えてはダメ。
そだよね。
母も距離を置いたから
他人事のように言えるようになったようで良かった。

この件から私の苦悩が始まった。
しばらく距離を置こうと思った。
そしてどっと疲れが出た。。。
頑張りすぎたかな。

4月18日
主人に行ってもらう。
100円ショップの大人のぬりえと色鉛筆、
父の施設の周辺の地図を持って行ってもらう。
自分がどこにいるのかを気にしているので
地図に記しを付けておいた。
ぬりえには興味深々だったようだが、
地図はもう理解できないようで関心を示さず。
絵は好きだから野草図鑑を今度持って行こう。

スタッフさんに手を上げてから穏やかに過ごしているそう。
少し時間を置いたのが良かったかなあ。

主人にはちょっとよそゆきモードになるし、
話をよく聞いてくれてうれしいのかも。

先日のうそつき呼ばわり事件以来自信の無くなってしまった私は、
1人で会いに行くのが怖くなってしまっている。
『なんとかわかってもらいたい』という気持ちが裏目に出てしまった。
認知症なんだから適当に話を合わせていればいい 
というのは違うと思う。
父にはわからないからと適当に話していると、
自分が蚊帳の外で仲間はずれにされていると感じてしまう。
認知症でも相手の表情や話し方で
上辺だけで話しているかどうかはわかる。
あるときスタッフさんのことを指差して
「あの人は上辺だけなんだ」と言っていたこともあった。
ネガティブな気持ちになることは認知症にとってマイナス効果である。

父は昔から発言がマイナスの言い方をする人だった。
私が何か話すと、すぐに否定から入ってくる。
それが子供心にすごく嫌だった。
親の影響ってすごく強いもので自分もそうなっていたようにも思う。
自分にはできない、こうしなきゃいけない、
人がこう言っていた。。。そんな考え方ばかりだった。
でも今はその苦悩を乗り越えて、
親と自分は違うんだと思えるようになったし、
親のコントロールから解放されて、自分を持てるようになったから、
子育てや自分の発言には
なるべく肯定の言葉を使うようにしているし、
考え方が180度全く変わった。

一時は両親のことがどうしても受け入れられない時期があったが、
今は産んで育ててくれたことにとっても感謝している。
親になって父と母の大変さや凄さやありがたさ、
その愛情に気づくことができたから。
そんな父と母のことを思っている、安心してほしい。
そんな気持ちからどうしても説明が長くなってしまった。
それがいけなかったのだと思う。
認知症になると
『AはB BはC だから AはC』というのが理解できない。

認知症になった今も父は日々 否定や文句ばかり言っている。
その度になんとか父の発言を否定せずに、
しかも楽しい気分になるような話題にしようと努力した。
そのときは話題が変わって、好きな植木や花の話、音楽の話、
その他父の好きな歴史や科学の難解な話になるが、
父の頭の中でどのように変換されるのか、
まためぐりめぐって元の文句の話に戻ってしまう。

また、父が母のことや自分のこと施設のことで
疑問に思うことがあれば嘘は言わずに答えたい。
でもそれに答えるとまた文句ばかりの会話になってしまう。
そこで私もなんとかしようと一生懸命になり過ぎると良くない。
そうなったらそれ以上は頑張らずに話を合わせるしかないのだろう。

そうは言っても、さっきまで向き合って会話していたところを、
「そうだね」と適当に合わせると、
父の中で賛同してくれたという印象だけが強く残り、
私が帰ろうとしたときに
『一緒に帰る』とか『一緒にご飯を食べる』ということに
いつの間にか変換されることがあり、
「さっきは一緒にいると言ったのに嘘だったのか」と
なるのではないかと思うのだ。

だから父との付き合い方に自信が無くなってしまった。
どこまで踏み込むべきか。どこで諦めるのか。
さじ加減がわからない。

父を嫌な気持ちにさせるのも、自分が嫌な気持ちになるのも怖い。
頻繁に会いに行っても会いに行く間隔が空いても
機嫌は良かったり悪かったりと影響しないようだし、
しばらく距離を置きたい。

4月20日
母と一緒に会いに行く。
父はうれしそう。
母が持参したりんごをおいしそうに食べていた。
母は父に手術跡を見せる。
父はわかっているのかいないのか??

先日興味を示したぬりえには全く手をつけていない。
色を塗るということももう難しいのかな。

天気が良かったので近くの公園まで散歩に行った。
途中にある柿の木やいちじくの木を見て
うれしそうに話をしながら歩いた。
うちの子が楽しそうに遊んでいるのをうれしそうに見ていた。

外に出ると施設に帰りたくなくなるのではと心配になったが、
すんなりと帰ることができて良かった。

私1人で父を散歩に連れて行くのは不安だが、
またみんなで連れて行ってあげたいと思った。

4月30日
子供たちと会いに行く。
暖かくて良いお天気だったのでまた散歩しようと思ったが、
行くと寝ていたので、声だけかけて帰った。
ここ数日、昼と夜が逆転しているとのこと。
大体落ち着いて生活はできているそう。
声をかけたときは笑顔だった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://akikodiary.blog21.fc2.com/tb.php/223-f4f946e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。