新米主婦の奮闘日記
起業をめざした新米主婦が日々の奮闘を綴る。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
里へ戻ります
 再び実家に帰ることになりました
理由は複雑ですが、里から戻って早々
私がプツッとキレてしまったことから始まりました。

 主人は片付けがとっても苦手。
私が彼の部屋に越してきたときから、
片付けのことで喧嘩をしてばかりいます。
私が越してこれるように
片付けるのが約束だったけどできていなかったことが最初かな。


彼は大学のころに一人暮らしをしていたが、
そのころの物からずっと今までの物が捨てられることなく
引越しの度にそのまま一緒に引っ越してきた。
それに、ごみをゴミ箱に捨てること、
洗濯物を洗濯機にいれること、
食器を流しに持っていくことができない。
私が居たときは何度も何度も言ったことで
やってくれるようになったが、
里帰りをした何ヶ月はできていなかったようだ。

赤ちゃんを連れて戻るまでにきれいになっていればいいやと思って
いたし、絶対に赤ちゃんのために片付けて、迎え入れる準備をしていると信じていた。

家に入ってみてビックリ。まさに想定外でした。
すごく落胆した。。。。
彼は謝った。これから心を入れ替えると。
もうしょうがないし、その後彼は片付けていたので待っていた。

でもやっぱり納得がいかなかった。
彼を非難しないように何にも言わないようにしようと思ってもできなかった。
私も育児でかなり疲れていたし、
車の移動にも疲れていたから余裕がなかった。
ゆっくり休みたくても気が安らぐような場所ではない。
ミルクを作るのに作る場所がない。
ご飯を食べる場所もない。
赤ちゃんを寝かせる部屋は使えるようになっていたので、
そこで私と赤ちゃんは待機していたが、
トイレに行ったり、オムツを替えて手を洗ったりしに行く度に
足の踏み場のないところを歩かなければならない。
だんだんもう嫌になってきて、とうとう涙が溢れた。

戻るの延期した方がよかったかなと彼に言った。
里にいたときは片付けが終わるまで戻らないつもりだったけど、
延期しても同じことかもしれないと思ってやめた。
彼も一度は延期を考えたらしい。
謝って今日一日一生懸命片付けたのに、納得してもらえないならもうお手上げだと彼は言う。
今まで何回謝ってくれたことだろう。
いついつまでに片付けると約束しながら、いつも破られる。
結局私が片付けることになる。
彼の「ごめん」をどうやって信じたらいいの?
約束して破られることにもう疲れてしまった。
今度こそ子供のためにやってくれると思ったのに。。。。。
やっぱり子供は清潔で安全で明るいところで育てたい。
大きくてきれいな家に住みたいとか、家を買ってくれとか言っているのではなく、清潔で安全で明るい家に住みたい。
ただそれだけなのに。。。。

なんだか母乳も出なくなってきてしまった。。。。。
赤ちゃんのやめにも一度離れてみた方がいいのかしれない。

私は彼のプライドを傷つけた。
実家に戻ることを両親に電話したからだ。
両親は戻らずに話し合ってと言った。
私も考え直そうと思った。
でももう彼は引き返せないと言う。
彼はお互いに離れてゆっくり考えた方がいいと言う。

今は話し合おうとしても話し合いにならない。
お互いに感情的になってしまっている。
冷却時間をおいて良い方向に進むと願いたい。

人気blogランキング←ポチッとお願いしま~す


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://akikodiary.blog21.fc2.com/tb.php/37-e1d926d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。