新米主婦の奮闘日記
起業をめざした新米主婦が日々の奮闘を綴る。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
妊婦生活
 妊娠すると今までとは全く違う体験ができるのですが、
他の方の話を聞いていると本当に千差万別で、
本に書いてある通りではないんだと痛感しました。

つわりもある人とない人がいて、
期間も2ヶ月間~半年間くらいまで幅があるし、
食べられなくなる人はもちろんいますが、
食べないと気持ちが悪いという食べづわりや、
げっぷがたくさん出るげっぷづわりなんていうのもあります

酸っぱいものが食べたくなる人もいるし、
フルーツしか食べられなくなる人もいます

落ち込んだり、イライラしたり、人の体臭が気になったりもします

 私の場合は妊娠2ヶ月目くらいから5ヶ月目の頭くらいまで
ずーっと気持ちが悪くて食欲もなく、食べられたのは
オレンジ、グレープフルーツ、いちご、牛乳、ヨーグルト、チーズ、
カルピス、麦茶くらいでしょうか。
 食べると少し気持ち悪いのがなおったり、
よけいに気持ち悪くなったり、げっぷがすっごくたくさんでて、
横になるとげっぷが溜まってしまって眠れない日も多かったです。
お腹もゴロゴロと調子が悪くてよく下痢にもなりました

特に朝気分が悪くなることが多くて、立てなくなったり、
頭がクラクラしたり、歯ブラシを口に入れるのも気持ち悪いし、
シャワーを浴びるにしてもお湯がなんか気持ち悪くて嫌でした。

出不精になるし、買い物に行っても食べ物のにおいや
食べ物を連想させるものを見ただけでも気分が悪くなりました。
テレビでこんなに食べ物に関連した番組やCMがあったことにも
気付かされました。

妊婦になってみて初めてお母さんの凄さが身にしみました。
つわりの時期は見た目では全く普通の人と変わらないので、
電車や人ごみがとても怖かったです。
世の中にはきっと気付かないけどたくさんの妊婦さんがいて、
みんな大変な思いをしているのです。
世間の冷たさを感じたり、逆にありがたさを感じたり、
本当に貴重な体験をたくさんしました。

今の世の中は改善されてきているとは言え、
まだまだ子育てのしやすい社会には決してなっていません。

子供が増えなければ将来はないとわかっている人はたくさんいるのに、普段の生活でお腹の大きい妊婦さんに席を譲ったりできる人は
ほとんどいません。
第一、周りに無関心でそういう人がいることに気付いていないのです。
人は自分が経験したことしか脳にインプットされないから
無理もないことだと思います。
私も妊娠するまで気付かなかったし、席を人に譲ったことは
ほとんどありません

いろんなことに気付くことができて、
本当に妊娠して良かったなあと思います。
子育てもきっと良い経験になるに違いないと思います

人気blogランキング←そうそうと思ったかたはポチッとね



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://akikodiary.blog21.fc2.com/tb.php/6-dee777d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。