新米主婦の奮闘日記
起業をめざした新米主婦が日々の奮闘を綴る。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とうとう入金
 証券口座をE*トレード証券 に開設し、
とうとう1万円だけ入金してみました

新生銀行ならネットでの振込手数料が5件まで無料だし、
ATMでもすべて無料なのでおすすめです

ちなみに前回、一般口座、特定口座(源泉徴収あり、なし)について
書いたように特定口座(源泉徴収あり)にしました。

あとは銘柄を選んでポチッと取引ボタンをクリックするだけ。

それがなかなか勇気がいる。
今は買い時では無いようなので
気になる銘柄を探すだけにしたいと思います

<<< 証券口座を開設しよう

人気blogランキング←ポチッとお願いしま~す
証券口座を開設しよう
 投資を始めようと思い、
今までに無料セミナーに行ったりしましたが、
知れば知るほど難しそうに思えて悩んでいました

とりあえずネット証券で口座を開設してみようと思っています
開設にあたって決めること
1.どこの証券会社にするか
2.特定口座(源泉徴収あり、なし)、一般口座のどれにするか

証券会社は知り合いの紹介もあり、
E*トレード証券 にしようと思います。
手数料も\525と安いし、紹介キャンペーンをやっていたので。




サラリーマンや主婦は株式投資だけのために確定申告を
するのはめんどうなので特定口座の源泉徴収ありが良いと
一般的に言われているけど、
メリット、デメリットを自分なりに考えて決めようと思い、
いろいろ調べてみました。

特定口座(源泉徴収あり)のメリット
・証券会社が損益計算、源泉徴収をやってくれるので確定申告をしなくても良いためラクチン。
・自営業者やサラリーマン退職者は特定口座であってもなくても
税金は10%である。源泉徴収ありの場合は10%徴収されておしまいだが、確定申告してしまうと、所得の増加が役所に知られるため、
次の年の社会保険料がアップされてしまう。

特定口座(源泉徴収あり)のデメリット
・2つ以上の証券会社を利用している人は異なる証券会社間の損益の相殺ができないため、自分で確定申告をして相殺しなければならない。
・サラリーマン(年収2000万以下)で株の儲けが20万以下でも
税金10%を徴収される。

特定口座(源泉徴収なし)のメリット
・証券会社が損益計算はやってくれる。
・サラリーマン(年収2000万以下)で株の儲けが20万以下なら確定申告不要なので、20万以下の儲けに対する税金は払わなくて良い。

特定口座(源泉徴収なし)のデメリット
・確定申告は自分でしなければならない。

一般口座のメリット
・サラリーマン(年収2000万以下)で株の儲けが20万以下なら確定申告不要なので、20万以下の儲けに対する税金は払わなくて良い。
・複数の証券会社と取引しやすい。
・損益の繰越や相殺が容易。

一般口座のデメリット
・損益計算、確定申告を自分でしなければならない。

ざっとこんな感じです。

初めは特定口座の源泉徴収なしにしようと思ったのですが、
自営業者のように主婦の場合は確定申告をすると、
儲けが多い場合は住民税がかかるようになってしまったり(33万以上の儲け)、扶養からはずされてしまったりします(38万以上の儲け)。
(但し、所得のある主婦は株の売却益と所得の合計で考える)

また、
・株の売却益の他に所得の全く無い主婦が確定申告をすれば、所得税が戻ってくる。
・確定申告をしなければ、合計所得金額に株の売却益は含まれない。

以上のことから、

無職の主婦の私は、特定口座の源泉徴収ありを選択し、儲けが33万以下なら確定申告をして還付金をもらい、33万以上なら確定申告せずに住民税にひっかからないようにし、また扶養になるようにしようかと思っています

でも33万以上の儲けを出すのはそんなに簡単なことではなさそう。
大損するかも~

<<< 株

人気blogランキング←なるほど~と思ったかたはポチッとね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。